【2024年最新】格安SIMおすすめ人気ランキング

光回線とホームルーターを比較!快適なネット環境を手に入れるための完全ガイド

本ページはプロモーションが含まれています

自宅でネットを使いたい場合にはいくつかの手段がありますが、なかでも特におすすめなのが「光回線」「ホームルーター」の2つです。これらは宅内でのネット利用に特化したサービスで、通信品質に優れています。

光回線は2003年頃に登場したため、すでにご存知のかたは多いかと思いますが、ホームルーターは2021年頃からの提供と後発なので知らないというかたもいるでしょう。

とくに多いのが『光回線とホームルーターってなにが違うの?』『Wi-Fiルーターとホームルーターって同じじゃないの?』といった疑問です。たしかに名前や用途が似ているので、違いがわかりづらいかもしれません。

そこで当記事では“光回線とホームルーターの違い”や、“光回線とホームルーターの比較”について、具体的な情報を解説いたします。

こちらの記事を最後まで読んでいただければ、光回線とホームルーターの違いを知っていただけるのはもちろん、自分がどちらのサービスを使えば良いかハッキリさせることが可能です。

スムーズに読んでいただければ10分以内に完読できる内容となっていますので、さっそくチェックしてみてください!そして素晴らしいネット環境を一緒に整えていきましょう。

この記事でわかること
  • 光回線とはなにか?
    「物理的配線を使ってネットを利用するサービス」
  • ホームルーターとはなにか?
    「スマホと同じ回線で簡易的にネットを利用するサービス」
  • 光回線とホームルーターの違いとは?
    「使用する回線が全く異なる」
  • 光回線を使うメリット
    「通信速度が安定して速い」
  • ホームルーターを使うメリット
    「申し込みから数日で導入できる」
  • 光回線とホームルーターはどちらがおすすめ?
    「通信品質の観点から光回線のほうがおすすめ」
利用者の声

光回線とホームルーターって、どっちも家でインターネットを使うためのものですよね。それだったら、どっちを使っても同じじゃないんでしょうか?

インターネットサービス専門家

たしかに目的は同じですが、光回線とホームルーターを比較してみると、それぞれ違った特徴があることがわかります。詳しい内容は本文内で解説しているので、ぜひ覗いてみてください♪

目次

格安SIMに乗り換え検討中の方は、当サイト限定キャッシュバックを実施しているQTモバイルをおすすめします✨詳しくは「QTモバイルの料金プランや口コミ評判」の記事をご覧ください^^

光回線とは?

NTT東日本の光回線のイメージ図
引用元:「NTT東日本公式サイト

光回線とは光の点滅(光信号)を利用して情報の伝達をおこなうインターネットサービスのことです。主に電柱に沿って張り巡らされている光ファイバーケーブルを使って、“物理的”に通信をおこなっています。

光回線が登場するまでは電話回線をつかった通信(ISDN・ADSL)が主流でしたが、通信速度が遅いうえにインターネットと電話の併用が難しいといった課題がありました。

しかし光回線が登場したことにより、通信速度が爆発的に向上し、インターネットと電話の併用も問題なくおこなえるようになったわけです。

そんな経緯のある光回線は、現代でもっとも安定した通信方法(インターネットサービス)として多くのユーザーに親しまれており、今なお進化が続いています。

また、光回線を提供している通信会社は非常に多く、NTT回線を使用した光コラボレーションモデルをはじめ、自社の回線を使用した独自回線サービスも含めると約700社が業界に参入している大きな事業でもあります。

利用者の声

たしかに私が子どもの頃は、電話を使うとネットが使えなくなるといったことがあったかも!でも今では、自宅のインターネットといえば光回線の安定したイメージが強いです♪

インターネットサービス専門家

なかにはWi-Fiルーターがあればインターネットが使えると認識されているかたもおられますが、実際はWi-Fiルーターや光回線などがセットになって、はじめてインターネットが使えるようになっています☆

ホームルーターとは?

ホームルーターとは2021年頃から登場した、モバイル回線をつかってインターネット接続をおこなう、自宅据え置き型のルーターです。自宅に設置するという点ではWi-Fiルーターと同じですが、光回線と違いスマホと同じ電波を使って通信をおこないます。

スマホのモバイル回線をつかった通信方法のため、導入の際に開通工事が必要なく、基本的には宅内のコンセントに取り付けるだけで利用が可能です。

ホームルーターが発信している電波はWi-Fiと同じ規格なので、一般的にはWi-Fiルーターと混同されることもありますが、ホームルーターはインターネットの通信経路に光回線を利用していません。

インターネットの接続にモバイル回線を使うホームルーターは、設置する位置や天候などによって、電波の受信レベルが変化する場合もあり、光回線よりは通信が不安定になりやすい傾向があります。

利用者の声

ホームルーターは光回線よりも手軽に導入できそうだけど、自宅の場所や環境によっては通信速度に不安があるかもってことですね。

インターネットサービス専門家

もちろん電波がしっかり受信できる環境であれば、パフォーマンスを発揮しやすいので、ネットもサクサク利用できますよ♪

光回線とホームルーターの関係性

光回線とホームルーターはどちらも同じ、インターネットを利用するためのサービスです。しかし使用する回線はまったく別物ですし、基本的に直接的な関係はありません。

例えば光回線で使用するWi-Fiルーターの代わりに、ホームルーターを代用するといったことはありませんし、ホームルーターで使用する回線をモバイル回線から光回線に置き換えるといったことも不可能です。

インターネットサービスというカテゴリーこそ同じですが、カテゴリー内での関連性は基本的にないので、それぞれ別のサービスとして考えましょう。

利用者の声

光回線とホームルーターは、それぞれ独自の方法でインターネットが使えるサービスってことですね♪

インターネットサービス専門家

一応各サービスを併用することは可能ですが、特殊な条件下でない限り1つの宅内に2つのインターネット環境は不要なので、利用するとすればどちらか一方が一般的です!

光回線とホームルーターの違いとは?

光回線とホームルーターは、根本的に使用する通信回線に違いがあります。そのため通信品質をはじめ、料金設定などのサービス部分でも大きな違いが見られます。

以下に光回線とホームルーターの概要を比較した一覧表を作成いたしました。こちらを見ていただくと、どの部分に違いがあるのか一目瞭然なので、ぜひ参考にしてみてください。

項目光回線ホームルーター
通信速度
(平均値)
下り:600Mbps
上り:300Mbps
下り:150Mbps
上り:30Mbps
速度制限なしあり
月額料金
(平均値)
戸建て:5,500円
マンション:4,400円
4,500円
開通工事必要不要
開通までの期間2週間〜2ヶ月翌日〜1週間
開通工事費無料〜44,000円なし
契約事務手数料3,300円3,300円
端末代金なし20,000円〜70,000円
対応エリア全国全国
初期設定必要不要
Wi-Fi設定必要必要
利用者の声

どちらのサービスにも長所と短所があるって感じがしますね!

インターネットサービス専門家

例えば光回線は通信速度に長けていますが、導入に少しばかり時間が必要になります。一方でホームルーターは導入が早い代わりに、通信速度が光回線よりは遅くなる可能性が高いです。

通信速度で比較

ジャンルサービス名通信速度
光回線ドコモ光下り:265Mbps
上り:283Mbps
光回線ソフトバンク光下り:310Mbps
上り:340Mbps
光回線auひかり下り:507Mbps
上り:516Mbps
ホームルータードコモ home 5G下り:182Mbps
上り:19Mbps
ホームルーターSoftBank Air下り:93Mbps
上り:9Mbps
ホームルーターRakuten Turbo下り:84Mbps
上り:32Mbps
通信速度は「みんなのネット回線速度」を参照

光回線とホームルーターの代表的なサービスを3つずつピックアップし、通信速度を比較してみました。合計6社での比較となりますが、通信速度については総じて光回線サービスのほうが高い数値を記録しています。

モバイル回線をつかっているホームルーターも決して遅いわけではないのですが、光信号をつかった光回線のほうが通信速度においては圧倒的に速いです。

そのためオンラインゲームやビジネスシーンなど、インターネットの通信品質が求められるような用途で、いずれかを選択するのであれば光回線を契約したほうが良いでしょう。

利用者の声

比較する内容にもよりますけど、光回線のほうが約3倍〜5倍ほど速い結果となっていますね!

インターネットサービス専門家

実際に光回線とホームルーターを使い比べてみても、体感でわかるレベルに速度差は感じられるので、インターネットに快適さを求めるなら光回線のほうがおすすめです☆

月額料金で比較

ジャンルサービス名戸建てマンション
光回線ドコモ光5,720円4,400円
光回線ソフトバンク光5,170円4,180円
光回線auひかり5,610円4,180円
ホームルータードコモ home 5G4,950円4,950円
ホームルーターSoftBank Air5,368円5,368円
ホームルーターRakuten Turbo4,840円4,840円

続いては光回線とホームルーターの月額料金を比較してみましょう。まず光回線には住居のタイプに応じて、2種類の料金が設定されています。

基本的に戸建てタイプは料金が5,000円台であることが多く、マンションタイプは4,000円台前半といった印象です。一方でホームルーターは住居に関係なく、基本的には1つの料金設定のみです。

これらの料金を比較してみると光回線(マンションタイプ)<ホームルーター<光回線(戸建てタイプ)の順に料金が高くなっていきます。

もちろん選択するサービス次第では光回線でも安く利用できるケースはありますし、ホームルーターもキャンペーンなどで安くなるケースがあるので、一概にこれらが全てとは言えません。

あえて料金を主体にサービスを選ぶのであれば、集合住宅住まいのかたは光回線、戸建て住まいのかたはホームルーターをチョイスすると通信費を安く抑えられる可能性があります。

利用者の声

料金についてはホームルーターのほうが安いのかなって思っていたけど、意外と光回線もそこまで高額じゃないんですね!

インターネットサービス専門家

用途が近いためか、光回線とホームルーターの料金には大きな違いは見られませんね。しかしサービスによっては、もっと安いものも用意されているので、選択する内容次第な部分は大きいです!

初期費用で比較

項目光回線ホームルーター
開通工事必要不要
開通までの期間2週間〜2ヶ月翌日〜1週間
開通工事費無料〜44,000円なし
契約事務手数料3,300円3,300円
端末代金なし20,000円〜70,000円

次に光回線とホームルーターの初期費用を比較してみましょう。まず各サービスには共通して事務手数料が必要になります。

ですが開通工事費については光回線のみとなっており、端末代金はホームルーターのみとなっているため、費用の内訳には少しばかり差があります。

ただし光回線の開通工事費とホームルーターの端末代金は、キャンペーンで無料になるケースが多いため、ほとんどの場合でユーザーが負担することはありません。

となると、どちらのサービスも事務手数料の負担のみで契約ができるので、実際はほとんど差がないと考えて問題ないでしょう。

利用者の声

工事費と端末代金はどちらも高額だから、キャンペーンで負担しなくて済むのはありがたいですね♪

インターネットサービス専門家

しかしながら通信会社によっては、無料キャンペーンを実施していないケースもあるので、サービスを契約する場合はキャンペーン内容を確認しておくのがおすすめです☆

設定方法で比較

項目光回線ホームルーター
ISP設定
(APN設定)
必要不要
Wi-Fi設定必要必要

最後に光回線とホームルーターの導入後の設定についても比較しておきましょう。

光回線では開通工事の部分を専門の業者のかたが対応してくれますが、機器類の設定についてはユーザー側で対応する必要があります。

とくにネット接続に必須なISP設定は、Wi-Fiルーターやパソコンの内部設定を変更する必要があるため、複雑に感じるかたも少なくありません。ただし基本的には派遣や電話でのサポートを実施してくれているので、プロに任せることが可能です。

一方でホームルーターはAPN設定(光回線でいうISP設定に相当)を通信会社のほうで事前に済ませてくれているため、ユーザーはWi-Fiの設定だけをすればインターネットの利用ができます。

光回線とホームルーターのいずれを選択した場合でもWi-Fiの設定は必要になりますが、ガイドが付属していたりサポートも受けられるので、あまり難しく考える必要はないでしょう。

利用者の声

パソコンとかの操作は苦手だから、できれば設定は全部専門のかたにお願いしたいです…。

インターネットサービス専門家

Wi-Fi設定はそこまでハードルも高くありませんから、機器の操作が不慣れなかたでも対応できるレベルですよ!どうしても不安な場合は、契約した会社の設定サポートを利用すると良いでしょう☆

光回線を利用するメリット

光回線を利用するメリットをまとめてみました。次のメリットに恩恵を感じる場合は、光回線を優先して導入するのがおすすめです。

インターネットサービス専門家

インターネットを利用するなら基本的には光回線のほうがおすすめですが、メリットに良さを感じない場合はホームルーターを検討しても良いでしょう!

【メリット①】通信速度が速く安定している

光回線は通信速度が速く安定しているのが一番の特徴です。近年ではインターネットを利用する機会が増えてきており、あらゆる仕事や生活のなかでネット環境が必要になってきました。

パソコンやスマホで調べ物をすることはもちろん、家庭内の機器同士を連携させたり、遠く離れた人やものと意思疎通を図ることもできます。

しかしインターネットはいろいろとできるようになった分、通信の品質も求められるようになってきました。例えば動画の視聴で頻繁に読み込み待ちが入ってしまったり、オンラインゲームで想定外の動作や遅延が起きると困りますよね。

そんなときに優れた光回線をつかっていれば、ストレスなくインターネット環境を利用できます。多くの機器をインターネットに接続する現代だからこそ、光回線の有用性は高まっていると言えるでしょう。

利用者の声

たしかにネットが途切れたりして困ることってあるんですよね。だからわたしも光回線を契約しようか迷っていました…。

インターネットサービス専門家

スマホやモバイルルーター(ポケットWi-Fi)だけで生活している人には、よくある悩みかもしれませんね。しかし光回線があれば、そんな悩みは一瞬で消し飛びますよ☆

【メリット②】速度制限がなくネットが使い放題

光回線サービスは基本的に通信速度に制限がなく、無制限にインターネットが利用できます。例えばスマホやタブレットで利用する格安SIMでは、1ヶ月単位で使えるデータ容量が決められていますよね。

しかも決められたデータ容量を超過してしまうと、通信速度に制限がかかってしまうので、インターネットの使用感が一気に悪くなってしまいます。

ですが光回線であればそういった制限は一切なく、データ容量を気にせずインターネットを使えるので単純に楽です。なぜならデータ容量を管理したり、速度制限の心配をする必要がないから!

せっかくインターネットを使っていても、スムーズに利用できないのでは利便性に欠けてしまいます。近年では数秒あれば調べものが完了する世の中なのに、自分のネット環境だけ遅いのはストレスでしかありません。

そのようなストレスから解放しれくれるのが、ほかでもない光回線です。そのうえ光回線なら複数台のスマホやタブレットを接続しても速度が制限されることはないので、安心してインターネットが利用できます。

利用者の声

格安SIMって安いけどすぐに速度制限になっちゃうから、たしかに不便には感じていました…。

インターネットサービス専門家

もし光回線を契約すれば、自宅でのインターネット利用はデータ容量を消費せずに済むので、格安SIMのプランも維持できて一石二鳥ですよ♪

【メリット③】マンションタイプは料金が安くコスパが良い

光回線サービスは基本的にマンションタイプの料金が安く設定されているので、インターネットをコスパよく利用できます。

先にもホームルーターの料金(平均:4,500円)と比較をおこないましたが、光回線のマンションタイプの月額基本料金は4,000円台前半なので、特にリーズナブルです。

また、選ぶサービスによっては2,000円台や3,000円台といったケースもあるため、とにかくコスパに優れています。もちろん安ければ良いというわけでもありませんが、単純に低コストでインターネット環境が設置できるのは評価ポイントです。

利用者の声

なんでマンションタイプだけ料金が安いんでしょうか?

インターネットサービス専門家

マンションタイプは光回線の設備の一部を住人で共有して使用するため、戸建てタイプよりも設備にかかるコストが少ないからです☆

光回線を利用するデメリット

次に光回線を利用するにあたってのデメリットもご紹介いたします。メリットと比較していただくことで、自分に光回線が適しているのか見極めることができるでしょう。

インターネットサービス専門家

基本的に光回線はおすすめですが、デメリットが全くないわけではありません。しっかりとデメリットも理解してから、導入することをおすすめします!

【デメリット①】工事が必要で開通まで時間もかかる

光回線は申し込みをしてから実際に利用できるようになるまで、最短で2週間ほどの期間が必要になります。というのも光回線は建物の状況に応じて、業者の工事が必要になるなど、それなりに手間がかかるからです。

もしタイミングが悪ければ1〜2ヶ月ほど待たなければならないケースもあるので、もし利用を考えているかたは早めに申し込みをするようにするのがおすすめです。

また、極めて稀なパターンではありますが、工事の内容次第では壁に穴を空けたりする必要もあるため、建物が傷つくことがNGというかたはホームルーターを導入するのも1つの方法です。

利用者の声

できれば傷はつけてほしくないんですけど、工事っていうくらいだから多少はしかたないんでしょうか?

インターネットサービス専門家

多くの場合は無傷で工事ができるので、基本的には心配いりません。もし工事で傷をつけるような作業がある場合は、事前に相談してくれますので安心してください☆

【デメリット②】機器の設置場所が限定される

光回線を利用する場合、ONU(回線終端装置)と呼ばれる機器が宅内のコンセント付近に設置されるため、Wi-Fiルーターなども基本的にはONUに使用するコンセント付近に設置することになります。

長さのあるLANケーブルや延長コードを用いれば、Wi-Fiルーターだけ離れた場所に設置することも可能ですが、配線の都合上どうしても限界があります。

一方でホームルーターはコンセントが利用できれば、どこでも設置が可能なので機器を頻繁に移動させる可能性がある場合は、ホームルーターのほうが便利に感じるかもしれません。

利用者の声

でもWi-Fiルーターって、一度設置したらあまり触れることもないし、そこまで気にしなくても良さそうですね♪

インターネットサービス専門家

まったく自由が効かないわけでもありませんし、最近のWi-Fiルーターはカバー範囲が広くなっているので、心配しすぎる必要はないですよ☆

【デメリット③】戸建てタイプだと料金がやや割高

光回線サービスは基本的にマンションタイプが割安となっており、戸建てタイプが割高に設定されています。戸建てタイプは一件ごとに光回線設備を敷設するので、維持費が高くなるのは仕方がない部分でもあります。

契約するサービスにもよりますが、マンションタイプと比較して月間1,000円〜1,500円ほど高くなるので、その差が手痛いと感じるようであれば、やや料金が安いホームルーターも検討の余地があるでしょう。

しかし光回線サービスを提供している通信会社は非常に多く料金設定もピンキリなので、なかには戸建てタイプでも安く使えるケースもあります。

どうしても負担額が気になるかたは、料金重視で光回線サービスを探してみるのもおすすめです。

利用者の声

例えば月額基本料金が安くて、通信品質が良い光回線なんかもあるんでしょうか?

インターネットサービス専門家

数は少ないですが、存在しますよ!おすすめのサービスについては、後ほど紹介させていただきますね♪

ホームルーターを利用するメリット

続いてホームルーターを利用するメリットにも触れていきましょう。光回線とは違った特徴をもつホームルーターならではのメリットばかりですので、ぜひチェックしてください!

インターネットサービス専門家

光回線のメリットと比較してみて、どちらのほうが自分にとって有益なのか判断してみると良いでしょう♪

【メリット①】開通工事がなくWi-Fiの導入がスムーズ

ホームルーターは契約後に開通工事をする必要がなく、届いた製品をコンセントに差し込むだけで設置が完了します。そのため導入が非常にスムーズで、誰でも簡単に利用がはじめられるのが長所です。

例えば引越しをした際に開通工事があると、片付けが済んでいない自宅のなかで業者が作業することになるので、そういった状況を嫌うかたも少なくないでしょう。

そんなときホームルーターであれば、だれも自宅にあげる必要がなく、ルーター本体をコンセントに差し込むだけでネット環境が構築できます。

とにかく手軽にネット環境を用意したいということであれば、ホームルーターは最適のサービスといっても過言ではありません。

利用者の声

コンセントに差し込むだけなら、機械が苦手な私でも大丈夫そうです♪

インターネットサービス専門家

もちろんWi-Fi設定だけは必要になりますが、設定手順は非常に簡単ですし、ガイドも付属しているので迷うことは基本的にありません☆

【メリット②】Wi-Fiルーターの設置場所が自由

ホームルーターはコンセントに接続できれば、自動的にモバイル回線をつかって通信をはじめてくれるので、設置場所の自由度も高いです。

例えば光回線の場合、Wi-Fiルーターを設置するならコンセントだけでなく、ONUにもケーブルを接続しなければなりません。そのためWi-Fiルーターの設置範囲は、ある程度限定されてしまいます。

しかしホームルーターであればコンセントに接続するだけなので、延長コードなどを用いれば非常に広い範囲に設置が可能です。

できるだけ宅内の中央に設置して全体をカバーするようにしてもOKですし、普段からパソコンやゲームをする付近に設置をしておくと通信も安定しやすくなるといったメリットがあります。

利用者の声

状況にあわせて簡単に移動できるっていうのも助かりますね♪

インターネットサービス専門家

ホームルーターは回線の電波を受信しにくいケースもありますから、自宅の環境にあわせて置く場所を変えられるのは、とても便利ですよ☆

【メリット③】光回線の戸建てタイプと比べて料金が安い

ホームルーターは月額基本料金が平均4,500円ほどとなっているため、光回線の戸建てタイプ(平均:5,500円)よりは約1,000円ほど安く使えます。

マンションタイプ(平均:4,400円)とも大きな差はないため、できるだけ料金を抑えたいと考えているなら、ホームルーターも選択肢としては有力です。

またホームルーターは一定期間の割引きを受けられるケースも多く、1年目は毎月2,000円台で使えるなどのキャンペーンもあるので、これから一人暮らしをはじめる学生のかたなどには嬉しいポイントと言えるでしょう。

利用者の声

今はいろいろなものが値上がりしているから、ネットの料金だけでも節約したいってかたは多そうですね。

インターネットサービス専門家

ちなみに光回線もサービスによっては割引きなどの特典を実施しているので、気になるサービスのキャンペーンを比較してみるのもおすすめですよ☆

ホームルーターを利用するデメリット

引き続きホームルーターを利用するデメリットについても解説をいたします。

インターネットサービス専門家

最後にホームルーターのデメリットもしっかりと理解したうえで、どちらのサービスを契約すべきか判断してみてください!

【デメリット①】通信の速度や安定性は光回線に劣る

インターネットの仕組み上、仕方がないことではありますが、基本的にホームルーターの通信速度や安定性は光回線に劣ります。

光回線はしっかりとした設備を時間をかけて導入しているため、その分ネット環境としての質も高いです。一方でホームルーターは簡易的に導入ができる利点こそありますが、通信の仕組みがスマホと同じなので電波状況によって品質も変化します。

光回線とホームルーターの通信速度を比較してもわかるとおり、平均速度においても約3倍〜5倍ほどの差があるため、よほど恵まれた環境でない限りホームルーターで光回線以上のクオリティを出すことは難しいでしょう。

利用者の声

こればっかりは、そういうものだと割り切るしかなさそうですね。

インターネットサービス専門家

インターネットの使いかた次第では、ホームルーターの品質でも十分というかたもおられるので、大切なのはユーザーがインターネットを使ってなにがしたいかがポイントになります!

【デメリット②】使いかた次第では速度制限の対象になる

ホームルーターも料金プラン上では光回線と同じくデータ無制限でインターネットが利用できますが、一度に膨大なデータ通信をおこなった場合などは、通信会社側で速度制限を実施する可能性があります。

といっても日常的な使いかたで制限されるといった可能性は低いため、とくに心配する必要はありません。具体的に制限される基準が公開されているわけではありませんが、実際に制限されたという話しはあまり聞かないので安心してください。

あくまで想定にはなりますが、一度に何十台もの端末を同時にネットに接続して、大容量のデータファイルを送信するなど、特殊な条件を満たさない限り制限されることはないでしょう。

利用者の声

つまり動画を見たりゲームをするくらいで、速度制限になることはないってことですね!

インターネットサービス専門家

回線に影響が出るほどの通信をしていると判断された場合に、制限を実施するようなので、日常的なネットの使いかたで対象になる可能性は極めて低いと思われます☆

【デメリット③】光回線のマンションタイプよりは料金が高い

ほとんど誤差レベルにはなりますが、ホームルーターと光回線のマンションタイプの平均料金を比べると、ホームルーターのほうが毎月100円ほど割高です。

もちろん平均値での比較にすぎないので、実際に利用するサービスを選べばホームルーターでも十分安く利用することができます。

ただしキャンペーンが適用されていない状態で見た場合、光回線のマンションタイプのほうが安く利用できる傾向にあるので、長期的な利用を考えている場合は光回線のマンションタイプのほうがおすすめです。

利用者の声

ほとんど料金に差がないなら、料金にはこだわらずに自分が使いたいサービスを選ぶほうが良さそうですね♪

インターネットサービス専門家

そのためも光回線とホームルーターの良し悪しを比較して、自分に適したサービスを見極めましょう☆

どういう人に光回線が必要?

光回線はどういった人にとって必要になるのか、対象者の特徴をまとめてみました。

光回線が必要な人の特徴
  1. 安定したネット環境が必要な人
  2. 単純に高速通信を利用したい人
  3. 多数の機器をネットに接続する人
  4. マンションなど集合住宅に住んでいる人
  5. テザリングでは物足りないと感じている人

基本的に光回線はインターネットの環境に品質を求めるかたにおすすめです。通信速度はもちろん、安定感もあるので接続が切れたり遅くなりにくく、ストレスを感じずにネットが楽しめます。

またマンションタイプは戸建てタイプと比べて、平均1,000円〜1,500円ほど安く使えるため、コスパにも優れています。導入に多少の期間が必要になりますが、契約しておいて後悔のないサービスなので、ぜひ導入を検討してみてください。

利用者の声

家族複数人でインターネットを使う場合にも、光回線のほうが安定して利用できそうですね♪

インターネットサービス専門家

基本的にインターネットは接続台数が増えるほど、パフォーマンスが低下しがちですが、光回線は何十台もの接続に耐えられるように、従来より通信速度が速いプランの提供などもおこなっていますよ☆

安定して高速通信を使いたい人は光回線がおすすめ!

やはりインターネットを使うなら、できる限りサクサク利用したいですよね!例えばスマホで速度制限を体験したことがあるかたなら、ウェブサイトの読み込みの遅さなどをよく知っているでしょう。

せっかくインターネットで調べものをしているのに、なかなか結果が表示されないとイライラしてしまいます。そんなときに光回線があれば、スマホの速度制限に関係なくサクサクネットが使えるので便利です。

また、オンラインゲームのようにデータの送受信が多く、なおかつデータ容量が多い通信がともなうシーンでは光回線は必須といっても過言ではありません。

もちろんオンラインゲームに限らず、仕事でのオンライン会議など、できるだけクリアな映像や音声を求める場合にも光回線は役立ちます。

せっかくインターネットを導入するのであれば、多少の費用負担は覚悟して、少しでもクオリティの高いほうを選んだほうが後悔は少ないですよ!

インターネットサービス専門家

私は仕事柄いろいろとインターネットサービスを利用してきましたが、結局は光回線ばかり利用しています(笑)

どういう人にホームルーターが必要?

ホームルーターが必要になる人の特徴は以下のとおりです。

ホームルーターが必要な人の特徴
  1. 光回線の導入ができない人
  2. すこしでも早くネット環境が必要な人
  3. 引越しが多く手続きを少なくしたい人

ホームルーターは手軽に導入できるので、取り急ぎネット環境が必要なかたでにおすすめのサービスです。ネットで申し込みをすれば、最短翌日から使い始められるので、光回線より圧倒的に早いです。

また、家庭の事情や職業柄で引越しが多い場合にもホームルーターは役立ちます。光回線では引越しをする場合、引越し先での開通工事が毎回必要になり、その都度費用もかかるため負担が大きいです。

しかしホームルーターであれば、利用する場所の変更を申し出るだけで、引越し先でもスムーズに利用を開始できます。

利用者の声

たしかに光回線の引越し手続きって、少し面倒だからホームルーターのほうが簡単そうでいいですね♪

インターネットサービス専門家

1度や2度の引越しであれば、光回線でもそこまで負担になりませんが、あまりに頻繁に引越しが続くのであれば、ホームルーターのほうが楽に感じることは間違いありません☆

光回線の導入ができない建物にお住まいならホームルーターを使おう!

最近では珍しいかもしれませんが、地域や建物によっては光回線の導入ができない場合があります。そんなときもホームルーターであれば、コンセントさえ確保できれば導入が可能です。

もちろんモバイル回線の電波が宅内に届いていることが前提となりますが、よほどの山奥や地下深くでない限り、モバイル回線の電波が届かないといったことはないでしょう。

もし建物の管理人から光回線の工事ができないと言われた場合でも、インターネット環境を諦めずにホームルーターを検討してみてください。

インターネットサービス専門家

例えば光回線のケーブルが建物まで引き延ばせない場合など、地形の問題から光回線の導入が難しいケースなどもあります!

おすすめの光回線を一覧で比較

約700社ある光回線のなかから当サイトがおすすめする10社を厳選し、一覧表にて比較をしてみました。もし光回線の契約先を迷っている場合は、以下を参考にしてください。

スクロールできます
光回線一覧月額基本料金スマホセット割標準工事費
(無料特典あり)
通信速度
(平均値)
回線種別
(提供エリア)
キャッシュバック
ドコモ光戸建て:5,720円
マンション:4,400円
ドコモ戸建て:19,800円
マンション:16,500円
下り:265Mbps
上り:283Mbps
NTT光回線
(全国)
最大100,000円
ソフトバンク光戸建て:5,170円
マンション:4,180円
ソフトバンク
ワイモバイル
戸建て:31,680円
マンション:31,680円
下り:310Mbps
上り:340Mbps
NTT光回線
(全国)
最大52,000円
auひかり
おすすめ!
戸建て:5,610円
マンション:4,180円
au
UQモバイル
戸建て:41,250円
マンション:33,000円
下り:507Mbps
上り:516Mbps
独自回線
(全国)
最大141,000円
NURO 光戸建て:5,200円
マンション:2,090円〜
ソフトバンク
NUROモバイル
戸建て:44,000円
マンション:44,000円
下り:638Mbps
上り:620Mbps
独自回線
(一部地域)
最大45,000円
eo光
おすすめ!
戸建て:3,280円〜
マンション:3,436円
au
UQモバイル
mineo
戸建て:29,700円
マンション:29,700円
下り:768Mbps
上り:717Mbps
独自回線
(関西エリア)
最大10,000円
(商品券)
ビッグローブ光戸建て:5,478円
マンション:4,378円
au
UQモバイル
ビッグローブモバイル
戸建て:28,600円
マンション:28,600円
下り:241Mbps
上り:263Mbps
NTT光回線
(全国)
最大40,000円
GMOとくとくBB光戸建て:4,818円
マンション:3,773円
なし戸建て:26,400円
マンション:25,300円
下り:257Mbps
上り:303Mbps
NTT光回線
(全国)
最大117,000円
エキサイトMEC光戸建て:4,950円
マンション:3,850円
なし戸建て:22,000円
マンション:22,000円
下り:324Mbps
上り:262Mbps
NTT光回線
(全国)
なし
コミュファ光戸建て:5,170円
マンション:4,070円
au
UQモバイル
戸建て:27,500円
マンション:27,500円
下り:635Mbps
上り:634Mbps
独自回線
(東海エリア)
最大94,000円
BBIQ光戸建て:5,500円
マンション:4,510円
au
UQモバイル
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
下り:441Mbps
上り:392Mbps
独自回線
(九州エリア)
最大30,000円
通信速度は「みんなのネット回線速度」を参照

光回線サービスには「NTT回線」をつかったものと、「独自回線」をつかったものの2種類があります。大きな違いとしては契約できる範囲や通信速度にあり、可能であれば独自回線を使ったサービスを契約するのが理想的です。

NTT回線は全国の幅広い場所で契約ができるので、多くのユーザーが利用しやすい特徴がありますが、通信速度については独自回線を採用しているサービスのほうが優れています。

なかでも「auひかり」「eo光」は特におすすめで、通信速度が速いだけでなく、数多くのキャンペーンを実施しており実質的な負担額も減らすことが可能です。

もし独自回線が使えない地域にお住まいのかたは、「GMOとくとくBB光」「エキサイトMEC光」のいずれかを検討してみてください。

どちらもNTT回線をつかったサービスのなかでは優れた通信品質を誇っており、なおかつ月額基本料金が安いのでコスパも優秀です。

インターネットサービス専門家

光回線を選ぶ際に、名前を聞いたことがないようなサービスを選択するのだけは避けましょう。マイナーすぎる光回線は設備やサポートが不十分な可能性があり、トラブルに繋がることになります!

おすすめのホームルーターを一覧で比較

ホームルーターについても一覧表で比較してみましょう。WiMAXについては似た名称で複数種類存在しているため、こちらではまとめて1つのサービスとして掲載しております。

スクロールできます
ホームルーター一覧月額基本料金スマホセット割端末代金
(無料の場合もあり)
通信速度
(平均値)
提供エリアキャッシュバック
ドコモ home 5G
提供エリア
4,950円ドコモ71,280円下り:182Mbps
上り:19Mbps
全国15,000円
SoftBank Air
提供エリア
5,368円ソフトバンク
ワイモバイル
71,280円下り:93Mbps
上り:9Mbps
全国最大50,000円
Rakuten Turbo
提供エリア
4,840円なし41,580円下り:84Mbps
上り:32Mbps
全国20,000円相当
(ポイント還元)
WiMAX
(複数種類あり)
提供エリア
平均:5,000円au
UQモバイル
0円〜31,680円下り:126Mbps
上り:23Mbps
全国なし〜41,000円
通信速度は「みんなのネット回線速度」を参照

ホームルーターはサービスが開始してから日が浅く、参入している事業者は基本的に大手だけです。基本的には住居の付近で入りやすい電波(モバイル回線)を使ったサービスを選択するのが無難でしょう。

電波のカバー範囲で考えると、「ドコモhome5G」「SoftBank Air」は使いやすいと思われます。また、スマホセット割の対象キャリアを契約していれば、毎月の携帯料金が安くなるのもポイントです。

ぜひキャンペーンを見比べてみて、お好みのホームルーターを選んでみてください。

インターネットサービス専門家

ホームルーターは光回線と違って、利用する場所が非常に重要なので、契約する前に電波が入りやすいかチェックしておくのがおすすめです!

光回線とホームルーターの比較についてよくある質問

光回線とホームルーターの比較について、よくある質問をまとめておきました。気になる“あの質問”にも回答いたしましたので、ぜひ内容をチェックして今後にお役立てください。

光回線とホームルーターは、比較するとどちらがおすすめですか?

特別な事情がない限りは基本的に光回線がおすすめです。

ホームルーターは手軽に導入ができるので便利ではありますが、通信品質などネットを使ううえでの利便性は光回線のほうが優れています。

光回線の開通工事には2週間〜2ヶ月ほどの期間が必要ですが、それに見合うだけの快適さがあるので、よほど緊急性を伴わないのであれば光回線を利用しましょう。

光回線とホームルーターは、比較するとどちらが安いですか?

光回線で契約する料金プランによって、どちらのサービスのほうが安いかは変動します。

例えば光回線で戸建てタイプを契約する場合は、ホームルーターのほうが維持費は安くなりやすいです。一方でマンションタイプであれば光回線のほうが安く利用できるでしょう。

いずれにしても、どのサービスを利用するかで料金の優劣は異なってくるので、各サービス単位で比較してみるのがおすすめです。

ちなみに料金を比較する際はスマホのセット割といった割引サービスや、キャンペーンもチェックしておくと、より正確に違いを比較することができます。

光回線とホームルーターは、比較するとどちらが速いですか?

通信速度においては基本的に光回線のほうが優れています。

インターネットの通信速度はネットを利用する宅内の環境や、建物周りの状況によっても左右されるため、断言することは難しいですが、多くの場合で光回線のほうが快適に使えます。

光回線は配線した光ファイバーをつかって物理的に通信をするのに対し、ホームルーターが使用する回線はモバイル回線なので、設置場所によっては不安定になることも。

そのため確実性を考えるのであれば、光回線を導入しておくほうが安心です。

光回線からホームルーターへ変更はできますか?

光回線からホームルーターへ変更することは可能です。

特に変更できない制約などはないため、単純にホームルーターを契約して光回線を解約するだけでOKです。

ただしホームルーターへ変更するにあたって、Wi-Fiの再設定が必要になったり、スマホのセット割がなくなる可能性があるため注意してください。

ホームルーターから光回線へ変更はできますか?

ホームルーターから光回線への変更もできます。

ホームルーターを解約する際に負担金(端末代金など)がある場合は、光回線のキャンペーンで相殺できるケースもあります。

場合によってはホームルーターを契約していたときよりも、毎月の負担額が少なくなるため、積極的に乗り換えを検討すると良いでしょう。

インターネットサービス専門家

自分の環境にあったサービスを契約して、快適なネットライフを送りましょう♪

まとめ:光回線とホームルーターは用途によって選び分けよう!

今回は光回線とホームルーターの具体的な違いを比較してみました。結論として光回線とホームルーターは、使用している回線がまったく別物でサービス内容にも大きな違いがあります。

どちらもインターネット環境を構築するという目的は同じですが、インターネットへアプローチする方法などが違うので、それぞれの特徴を理解したうえで自分の環境に適したものを選ぶことが重要です。

もしインターネットの品質にこだわるのであれば、光回線を使うのが良いでしょう。光回線は通信速度が速く、回線も安定しているので、ネットを使ううえでストレスを最低限に抑えてくれます。

一方で手軽にネット環境を構築したり、頻繁に引越しをする予定があるかたはホームルーターが便利です。自宅のコンセントに差すだけでというシンプルな設置方法で、誰でも簡単にネット環境を用意できます。

正直料金については、選ぶサービスやキャンペーンなどの観点から、ハッキリとどちらが安いと明言することは難しいです。ですので基本的には利便性を考慮して、光回線とホームルーターを選び分けることから始めてみてください。

インターネットサービス専門家

現在ホームルーターを使っているかたは、光回線へ乗り換えるのがおすすめです!ネット環境がガラッと変わるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか☆

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。サービスの料金やスペック、契約条件、解約条件、キャンペーン等の詳細情報は、申し込む前に事前に必ず各公式サイトでご確認ください。

ドコモユーザーなら「OCN インターネット」がおすすめ!

ドコモユーザーならドコモ光!というのはわかりやすいけど、実は「OCN インターネット」もセット割が適用されてお得になること、ご存知ですか?

OCN インターネットは、ドコモ光よりも違約金がお得で、そのうえキャッシュバックキャンペーンも充実!

「接地接続が難しそうで不安...」「初期設定なんかできる気がしない...」という方も、訪問サポートでスタッフが対応してくれます!さらに、ウイルス侵入を防ぐセキュリティ対策もバッチリ!

ドコモユーザーの方は、ご自宅の光回線を「OCN インターネット」に乗り換えてみませんか?

目次