【2024年最新】格安SIMおすすめ人気ランキング

光回線は一人暮らしの必需品?おすすめサービスやメリットを徹底解説

本ページはプロモーションが含まれています

一人暮らしだから光回線はいらない。そんなふうに考えているかたも多いのではないでしょうか?

決してそんなことはありません!一人暮らしのかたでも、インターネットの使い道しだいでは光回線を契約する価値が十分にありますし、むしろ積極的に取り入れても良いくらいです。

一人暮らしならスマホのモバイル回線でも十分にインターネットが使えると感じるかもしれませんが、光回線でしかできないことはたくさんあります。

しかし、いざ光回線を契約するにしても、どこの会社のサービスを利用すればよいかわからないかたもいらっしゃいますよね。そこで当記事では“一人暮らしのかたにおすすめな光回線”や、“光回線を導入するメリット・注意点”を解説いたします。

もしこれから一人暮らしを始めるかたや、新たに光回線の導入を検討されているかたは、ぜひ当記事を最後までご覧になっていただき、自分にあった最適な光回線を契約しましょう!

この記事でわかること
  • 一人暮らしにおすすめの光回線
    「NURO 光などの独自回線がおすすめ」
  • 一人暮らしに適した光回線の選び方
    「通信速度の平均値が高いものを選ぼう」
  • 一人暮らしで光回線がいらないケース
    「自宅でインターネットを使わない」
  • 一人暮らしで光回線を使うメリット
    「データ容量を気にせずネットが使える」
  • 一人暮らしで光回線を使う際の注意点
    「契約期間や違約金などに注意」
  • 一人暮らしでも光回線がおすすめな人
    「自宅で携帯の電波が入りづらい人」
利用者の声

これから一人暮らしをする予定なんですけど、できるだけ費用はかけたくないので、ネットはスマホだけにしようかなと考えています。

インターネットサービス専門家

たしかにスマホでも調べ物をしたり動画を見たりできるので、満足に感じてしまいますよね。しかし光回線を契約すれば、さらに質の高い生活が送れることは間違いありません!その理由も詳しく解説いたしますね♪

目次

格安SIMに乗り換え検討中の方は、当サイト限定キャッシュバックを実施しているQTモバイルをおすすめします✨詳しくは「QTモバイルの料金プランや口コミ評判」の記事をご覧ください^^

一人暮らしにおすすめの光回線一覧

はじめに一人暮らしのかたにおすすめな光回線をご紹介いたします。当サイトで厳選した10社の情報を一覧にまとめておきましたので、ぜひ参考にしてみてください。

スクロールできます
光回線一覧月額基本料金スマホセット割標準工事費
(無料特典あり)
通信速度
(平均値)
回線種別
(地域)
キャッシュバック
ドコモ光戸建て:5,720円
マンション:4,400円
ドコモ戸建て:19,800円
マンション:16,500円
下り:265Mbps
上り:283Mbps
NTT光回線
(全国)
最大100,000円
ソフトバンク光戸建て:5,170円
マンション:4,180円
ソフトバンク
ワイモバイル
戸建て:31,680円
マンション:31,680円
下り:310Mbps
上り:340Mbps
NTT光回線
(全国)
最大52,000円
auひかり戸建て:5,610円
マンション:4,180円
au
UQモバイル
戸建て:41,250円
マンション:33,000円
下り:507Mbps
上り:516Mbps
独自回線
(全国)
最大141,000円
NURO 光戸建て:5,200円
マンション:2,090円〜
ソフトバンク
NUROモバイル
戸建て:44,000円
マンション:44,000円
下り:638Mbps
上り:620Mbps
独自回線
(一部地域)
最大45,000円
eo光戸建て:3,280円〜
マンション:3,436円
au
UQモバイル
mineo
戸建て:29,700円
マンション:29,700円
下り:768Mbps
上り:717Mbps
独自回線
(関西エリア)
最大10,000円
(商品券)
ビッグローブ光戸建て:5,478円
マンション:4,378円
au
UQモバイル
ビッグローブモバイル
戸建て:28,600円
マンション:28,600円
下り:241Mbps
上り:263Mbps
NTT光回線
(全国)
最大40,000円
GMOとくとくBB光戸建て:4,818円
マンション:3,773円
なし戸建て:26,400円
マンション:25,300円
下り:257Mbps
上り:303Mbps
NTT光回線
(全国)
最大117,000円
エキサイトMEC光戸建て:4,950円
マンション:3,850円
なし戸建て:22,000円
マンション:22,000円
下り:324Mbps
上り:262Mbps
NTT光回線
(全国)
なし
コミュファ光戸建て:5,170円
マンション:4,070円
au
UQモバイル
戸建て:27,500円
マンション:27,500円
下り:635Mbps
上り:634Mbps
独自回線
(東海エリア)
最大94,000円
BBIQ光戸建て:5,500円
マンション:4,510円
au
UQモバイル
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
下り:441Mbps
上り:392Mbps
独自回線
(九州エリア)
最大30,000円
通信速度は「みんなのネット回線速度」を参照
利用者の声

光回線を提供している会社ってたくさんあって迷っちゃうけど、あらかじめピックアップされていたら選びやすいですね♪

インターネットサービス専門家

こちらで紹介しているサービスは月額基本料金もお手頃で、なおかつ通信品質も高いサービスばかりなので、数ある光回線のなかでも特におすすめですよ☆

一人暮らしに適した光回線の賢い選びかた

次に一人暮らしに適した光回線の選びかたを解説いたします。光回線は誤ったサービスを選んでしまうと、想像以上に使い勝手が悪かったり、高額な請求が来るケースがあるため注意が必要です。

もし自分で光回線を選ぶ場合は、主に以下の4つの情報に注目してサービスを選ぶことで、失敗する確率を大幅に下げることができます。

チェック項目
  1. 月額基本料金
  2. スマホセット割の有無
  3. 通信速度の平均値
  4. キャンペーン内容

これらのチェック項目以外にも、自分が利用したいオプションサービスに対応したものを探したり、引越しや解約の手続きがスムーズにおこなえるものを基準とするのも1つのポイントです。

また、はじめて光回線を個人で契約される場合は、できる限り知名度のあるサービスを選ぶことも重要になります。会社やサービス名に聞き覚えがないようなマイナーな光回線は、設備投資などが不十分な場合があります。

もちろんマイナーだから悪いというわけではないのですが、メジャーな光回線よりもトラブルが起きる可能性は高いため、はじめは安心して使える大手の通信会社を選ぶのが無難です。

利用者の声

単純に料金が安いからといって、聞いたこともないようなサービスと契約するのは危険ってことですね。

インターネットサービス専門家

専門知識があり、トラブルも個人で対応できるかたなら問題はありませんが、面倒ごとは避けたいと考えるならメジャーな光回線がおすすめです!

一人暮らしにおすすめの光回線を紹介

一人暮らしに適した光回線の選びかたの知識を踏まえたうえで、当サイトがおすすめする光回線をランキング形式でご紹介いたします。どの光回線にするか決められない場合は、こちらのランキングから契約先を選びましょう!

ランキングサービス名
第1位NURO 光
第2位auひかり
第3位ドコモ光
第4位GMOとくとくBB光
第5位eo光
インターネットサービス専門家

今回はランキング形式で紹介しておりますが、環境によっては下位の光回線のほうが適している場合もあるので、しっかりとサービスの概要をチェックしてくださいね♪

【第1位】NURO 光

スクロールできます
項目概要
提供エリア21都道府県
最大通信速度2Gbps
or
10Gbps
or
20Gbps
実質平均速度下り:638Mbps
上り:620Mbps
月額基本料金
※最も安いプランの料金
戸建て:5,200円
マンション:2,090円〜
スマホセット割ソフトバンク
NUROモバイル
工事費戸建て:44,000円
マンション:44,000円
実質無料
契約期間2年
or
3年
解約違約金戸建て:3,850円
マンション:3,740円
キャッシュバック45,000円
公式サイトNURO 光の公式サイト

NURO 光はソニーグループが提供する光回線で、低価格かつ高品質を実現した希少なインターネットサービスです。一般的に光回線の最大通信速度は1Gbpsであることが多いですが、NURO 光では2Gbps以上に対応しています。

また、近年では最大10Gbpsの光回線も増えてきていますが、NURO 光では最大20Gbpsと常に2倍の速度が実現できており、数字だけでも通信速度の速さを感じられるのが特徴です。

実際に速度測定サイトで見られる平均速度の結果も非常に優秀で、オンラインゲームやオンライン会議といった大きなデータ容量をラグ(通信の遅延)なくスムーズに利用できます。

さらに月額基本料金もリーズナブルなうえ、ソフトバンク・NUROモバイルユーザーであれば携帯料金の割引きも受けられるので、通信費を心配しているかたでも安心して導入できるでしょう。

利用者の声

NURO 光はとにかく通信速度に定評がある光回線なんですね!ネットをサクサク使いたいと考えているなら、NURO 光が無難かも♪

インターネットサービス専門家

サービス提供開始当初は関東の一部地域でしか利用できませんでしたが、今では北海道や関西にも提供エリアを拡大しているので、多くのかたが利用できるようになっていますよ☆

【第2位】auひかり

スクロールできます
項目概要
提供エリア全国
※東海・関西・沖縄はマンションのみ
最大通信速度1Gbps
or
5Gbps
or
10Gbps
実質平均速度下り:507Mbps
上り:516Mbps
月額基本料金
※最も安いプランの料金
戸建て:5,610円
マンション:4,180円
スマホセット割au
UQモバイル
工事費戸建て:41,250円
マンション:33,000円
実質無料
契約期間2年
or
3年
解約違約金戸建て:4,730円
マンション:2,730円
キャッシュバック最大141,000円
公式サイトauひかりの公式サイト

auひかりはKDDIグループが提供している光回線で、NURO 光と同じように独自回線をつかった高速通信が最大の魅力です。

高速通信ができるという特徴はNURO 光と同じですが、提供エリアがそれぞれ異なっているため、NURO 光が使えない地域にお住まいのかたはauひかりを契約するのが良いでしょう。

またauひかりでは、au・UQモバイルユーザーを対象に携帯料金の割引きをおこなっているので、対象ユーザーであれば優先的に考慮すべき光回線でもあります。

さらにauひかりではスマホのセット割以外にも、膨大なキャッシュバックキャンペーンを実施していることが多いため、申し込みのタイミング次第ではあらゆる費用を特典だけでカバーできます。

利用者の声

NURO 光が利用できない地域でも、auひかりが利用できるなら安心ですね♪

インターネットサービス専門家

NTT回線と独自回線を比べると、通信速度の面では独自回線のほうが優れている傾向にあるため、NURO 光やauひかりを利用したいと考えるユーザーは非常に多くいます☆

【第3位】ドコモ光

スクロールできます
項目概要
提供エリア全国
最大通信速度1Gbps
or
10Gbps
実質平均速度下り:265Mbps
上り:283Mbps
月額基本料金
※最も安いプランの料金
戸建て:5,720円
マンション:4,440円
スマホセット割ドコモ
工事費戸建て:19,800円
マンション:16,500円
完全無料
契約期間2年
解約違約金戸建て:5,500円
マンション:5,500円
キャッシュバック最大100,000円
公式サイトドコモ光の公式サイト

ドコモ光はNTTドコモが提供している光回線で、NURO 光やauひかりの独自回線とは違い、NTT回線をつかったインターネットサービス(光コラボレーションモデル)です。

NTT回線は国内のあらゆる場所に敷設されているため、独自回線をつかったサービスよりも導入がしやすく、国内の多くのシェアを獲得しています。

なかでもドコモ光は唯一、ドコモスマホのセット割が適用できるサービスで、ドコモ(irumoeximo)をお使いのユーザーなら通信を大幅に節約することも可能です。

またドコモ光では指定された24種類のプロバイダから、好きなものを契約できるシステムを採用しており、2023年7月1日より世界水準のプロバイダ「OCN インターネット」も選択できるようになりました。

そのためこれまで以上に通信品質が向上することが見込まれており、ストレスなく快適にインターネットが利用できるサービスとして注目を集めています。

利用者の声

NTTと言えば通信会社の最大手ってイメージだから、安心してインターネットが使えそうですね♪

インターネットサービス専門家

わたしも長年使い続けてきましたが、これまで大きなトラブルは一度もなく、快適にインターネットが使えていますよ☆

【第4位】GMOとくとくBB光

スクロールできます
項目概要
提供エリア全国
最大通信速度1Gbps
実質平均速度下り:257Mbps
上り:303Mbps
月額基本料金
※最も安いプランの料金
戸建て:4,818円
マンション:3,773円
スマホセット割なし
工事費戸建て:26,400円
マンション:25,300円
実質無料
契約期間なし
解約違約金戸建て:0円
マンション:0円
キャッシュバック最大117,000円
公式サイトGMOとくとくBB光の公式サイト

GMOとくとくBB光はGMOインターネットグループ株式会社が提供する光回線で、シンプルなサービス内容と品質の高い通信サービスが人気です。

そもそもGMOとくとくBBは運営実績が20年以上という老舗プロバイダで、競争の激しいインターネット業界を勝ち抜いてきた実力者でもあります。

その実績を積み上げてきたプロバイダ設備は優秀で、通信速度が遅くなりがちなNTT回線であっても、高い平均速度を記録しています。

また、スマホのセット割といった割引きには対応していませんが、月額基本料金が非常にリーズナブルなためあらゆるユーザーにおすすめの万能な光回線です。

利用者の声

割引なしでも安く利用できるら、誰でもお得に光回線が使えちゃいますね♪

インターネットサービス専門家

例えばセット割が一切ないような格安SIMをお使いのかたでも、GMOとくとくBB光なら通信費を抑えることができますよ☆

【第5位】eo光

スクロールできます
項目概要
提供エリア関西
最大通信速度1Gbps
or
5Gbps
or
10Gbps
実質平均速度下り:768Mbps
上り:717Mbps
月額基本料金
※最も安いプランの料金
戸建て:3,280円〜
マンション:3,436円
スマホセット割au
UQモバイル
mineo
工事費戸建て:29,700円
マンション:29,700円
実質無料
契約期間
※最低利用期間
1年
or
2年
解約違約金戸建て:最大6,200円
マンション:最大6,200円
キャッシュバック最大10,000円
(商品券)
公式サイトeo光の公式サイト

eo光は関西電力グループが提供する電力会社の独自回線をつかった光回線で、当ランキングでもトップレベルの平均速度を誇っています。

また月額基本料金も3,000円台から利用できるなど、魅力満載のサービスではあるのですが、この順位に収まっている理由は関西エリアでしか契約できないためです。

しかし裏を返せば対象地域にお住まいのかたにとっては、これ以上の光回線はないといっても過言ではありません。しかも関西電力はKDDIと業務提携をおこなっており、au・UQモバイルといったKDDIが提供するスマホのセット割にも対応しています。

もしeo光の提供エリア内にお住まいなのであれば、まずはeo光からお試しで導入してみると良いでしょう!

利用者の声

通信費が抑えられて、通信速度も速いなんて至高の光回線ですね♪

インターネットサービス専門家

インターネットをストレスなく快適に利用したいなら、eo光のような独自回線をつかったサービスはハズせません☆

一人暮らしなら光回線はいらないって本当?

一人暮らしならスマホのモバイル回線だけで大丈夫!と考えているかたもおられるでしょう。ですが光回線があったほうが便利なことは間違いありません。

以下に光回線とそれ以外のインターネットサービスの長所と短所をまとめてみました。

通信方法長所短所
光回線通信が高速
通信が安定
自宅でしか使えない
ホームルーター工事不要自宅でしか使えない
光回線より不安定
モバイルルーター外出先でも使える電波環境で速度が変わる
多数の接続には不向き
テザリング
(スマホ)
外出先でも使える
スマホ代だけで使える
スマホとデータ容量を共有
スマホのバッテリーを消費

一覧を見ていただくとお分かりのように、光回線はとにかく通信品質が高いです。もう少し言いかたを変えると、光回線でしかできないこと、光回線だからできることがあります。

例えばですがゲーム機やパソコンをつかったオンラインゲームなどは、一応モバイル回線でもプレイすることは可能ですが、実践してみると通信のラグでストレスが溜まることは間違いありません。

そんなときに光回線があれば快適にゲームを楽しむことができます。もちろんゲーム以外にSNSや動画コンテンツを楽しむ際も、光回線があったほうがストレスは確実に減るでしょう。

利用者の声

たしかにスマホの電波って家の中だと微弱になったりするから、あまり安定してネットが使えないことってありますよね…。

インターネットサービス専門家

光回線なら物理的に配線した光ファイバーをつかって通信をするので、スマホのように電波を気にする必要はなく、いつでも快適にネットが使えますよ☆

一人暮らしで光回線がいらないケース

これまで光回線の必要性について解説をしてきましたが、以下のようなケースに該当する場合は無理に光回線を導入する必要はないかもしれません。

インターネットサービス専門家

これらのケースに当てはまる場合は、光回線の導入を見送るのもありです。必要と感じたときに改めて検討しましょう♪

【ケース①】自宅でインターネットを使わない

珍しいケースかもしれませんが、自宅でインターネットをほとんど使わないなら、無理に光回線を契約する必要はないでしょう。

例えば仕事や学業が忙しすぎで、自宅では寝るだけというかたもいらっしゃいますよね。光回線は基本的に宅内でしか利用できないので、自宅でネットを使わないなら不要です。

また自宅にいたとしても、趣味が読書やプラモデルを作るといったアナログな場合もインターネットの出番は少なそうです。

逆を言えば自宅で動画コンテンツを視聴したり、オンラインゲームといったデジタルな趣味があるなら、光回線は必須といえます。

利用者の声

たしかに忙しくて自宅にあまりいないというかたもいるかも!それでもわたしはネット環境がほしいかなー☆

インターネットサービス専門家

短い時間でも快適にネットが使いたいと感じるなら、光回線を契約する価値は十分にありますね♪

【ケース②】スマホのデータ通信でも事足りる

先のケースとすこし近い内容ですが、自宅でのインターネット利用がほとんどない場合も、光回線の契約は必要ありません。

SNSやYouTubeといったコンテンツや、スマホゲームを楽しむだけならモバイル回線でも十分に対応できます。もちろん使いかた次第ではデータ容量が不足するため、スマホの料金プランの契約には注意が必要です。

また近年のスマホにはテザリングという機能が備わっており、Wi-Fiに対応した機器を間接的にインターネットへ接続することもできます。

あまり多くの機器を接続することはできませんが、タブレットやパソコンなどもインターネットに接続できるため、ちょっとした資料の作成やデータ共有などであればスマホの通信でも対応できるでしょう。

ただし格安SIMなどを利用している場合は、データ容量を使いすぎると光回線を契約するよりも高額になるケースがあるため、通信費を管理することも大切です。

もしデータ容量を追加しすぎて携帯料金が高くなるようであれば、光回線の導入も検討してみてください。

利用者の声

わたしは以前データ使い放題のスマホプランを契約していたんですが、光回線を契約してからはスマホの料金プランを安いものに変更しました♪

インターネットサービス専門家

自宅でスマホを利用する機会が多い場合は、光回線を導入したほうがかえって通信費を抑えられる場合もありますよね☆

【ケース③】住居にWi-Fiが備え付けられている

マンションやアパートなど、集合住宅では住居にあらかじめWi-Fiが設置されているケースがあります。

例えば建物内の数ヶ所にWi-Fi設置されていたり、各部屋単位で設置されているなどパターンは様々ですが、この場合は個別に光回線を契約しなくてもインターネットの利用が可能です。

ただし注意点として、あらかじめ設置されているWi-Fiは通信速度が遅かったり、通信自体が不安定であるといった報告も多数見られることから、環境や条件次第では使い物にならない場合もあります。

そのような場合には、個人で光回線を契約したほうが確実に安定したネット利用ができるので、不満を感じる場合は光回線の契約を検討してみてください。

利用者の声

たしかに最近は賃貸でインターネット無料みたいに宣伝しているところも増えてきましたね!

インターネットサービス専門家

実際に無料で使える点は嬉しいですが、ほかの住人と共有してネットを利用するため、不安定になるケースは多いみたいです!

一人暮らしでも光回線を使うメリット

一人暮らしのかたでも光回線を利用するメリットには、次のようなものがあります。これらのメリットに興味があるかたは、ぜひ光回線の導入を前向きに検討してください!

インターネットサービス専門家

光回線をつかえばインターネット環境の質は格段にアップしますよ!詳細についても詳しく解説いたしますね♪

【メリット①】データ容量を気にせずネットが使える

光回線は基本的にデータ容量の制限がないため、無制限にインターネットを利用できます。一方でスマホには料金プランによってデータ容量の制限があるので、ネットの利用も慎重になったりしますよね。

たしかにスマホにもデータ無制限のプランは存在していますが、それらは多くの場合で光回線よりも高額です。せっかくインターネットを使うなら、品質が高くて安いほうが理想的ではないでしょうか。

もちろんスマホには持ち運びができるという長所がありますが、腰を据えてインターネットを利用するなら光回線のほうが安定しています。

また、スマホの場合はデータ無制限の料金プランを契約したとしても、一度に大量のデータ通信をおこなった場合に速度制限が設定されるケースがあります。

その点で、光回線であれば基本的にはどれだけ利用しても制限がないので、データ容量を一切に気にせず好きなだけインターネットが楽しめますよ!

利用者の声

とくに格安SIMの場合だと、基本的には毎月のデータ容量が決まっているから、あんまり自由度は感じませんよね…。

インターネットサービス専門家

限られたデータ容量を管理しながらネットを利用するのって、ストレスですよね。ですが光回線を利用すれば、そういったストレスとは無縁です☆

【メリット②】オンラインゲームを快適に楽しめる

光回線を利用すればパソコンやゲーム機のオンラインゲームも、ストレスなく快適に楽しめます。もちろんオンラインゲームは、モバイル回線をつかってもプレイできるケースがありますが、基本的には光回線の利用が推奨されています。

というのもモバイル回線は通信が不安定になりやすく、ゲームのプレイに支障が出るほどのラグが発生してしまうからです。通信のラグが発生すれば自分はもちろん、同じゲームをプレイしている他のユーザーにも影響がでます。

スマホのオンラインゲームくらいであれば、モバイル回線でも快適にプレイできるものもありますが、それでも環境次第では接続がうまくいかないことも。

せっかく気晴らしにゲームをプレイしているので、思うように操作ができないとイライラするのも無理はありません。そういったトラブルを回避するためにも、安定して通信ができる光回線が必要になります。

利用者の声

モバイル回線でゲームをプレイしていたら、キャラクターがワープしたような挙動を起こしたり、いきたいところへ思うようにいけなかったり、困ることって結構ありますよね…。

インターネットサービス専門家

そういった問題も光回線を導入すればサクッと解決できます!せっかくの楽しいゲームなんですから、安定した環境を用意してしっかりと中身を楽しみましょう☆

【メリット③】複数台の機器を同時にネットに繋げられる

光回線を契約しWi-Fiルーターを導入すれば、スマホだけでなく多種多様な機器を同時にインターネットへ接続できます。

近年ではIoT(モノのインターネット)化が進んでおり、従来の通信機器だけでなく冷蔵庫や掃除機などの家電もインターネットへの接続ができるようになりました。

あらゆる機器をインターネットへ接続しておくことで、外出先から特定の機器を操作したり、各家電で情報を共有するといったことが可能になっており生活が便利になってきています。

また、自宅に友人を招いた際などにも光回線があれば、インターネットを使った遊びや情報交換が可能です。これだけたくさんのことができるにも関わらず、どれだけ使っても一定額の負担で済むんですから、お得なことは間違いありません!

利用者の声

光回線があればスマホやタブレットなんかが、回線契約なしでもネットに繋げられるようになるし、自宅のIT化が進んでいるような気がします♪

インターネットサービス専門家

最近ではデータのバックアップにネット環境が必要な機器も増えていますし、光回線があって困ることはありませんよ☆

一人暮らしで光回線を使う際の知識や注意点

もし一人暮らしをしているかた、されるかたがこれから光回線を契約するのであれば、次のような点に気をつけておきましょう。

インターネットサービス専門家

いずれの内容も覚えておくと、損なくお得に光回線の契約ができるようになりますよ♪

【注意点①】契約期間や違約金に注意

一部の光回線サービスにはスマホと同じく契約期間や、解約時の違約金といったものがあります。長く使い続ける場合はあまり気にする必要はありませんが、解約や乗り換えをする可能性がある場合はできるだけ縛りが緩いものを選ぶと良いでしょう。

例えば光回線の契約期間には更新タイプと非更新タイプの2種類があります。更新タイプは決められた期間で契約を自動的に更新し、更新期間以外に解約をした場合に違約金が発生するシステムです。

一方で非更新タイプは決められた年数だけサービスを利用すれば、そこから先はいつ解約をしても違約金が発生しません。

光回線サービスのほとんどは更新タイプとなっているため、できる限り更新の頻度が多いもの(契約年数が短いもの)を選ぶか、解約時の負担額が少ないものを選ぶのがおすすめです。

また、ごく一部の光回線サービスには撤去工事費というものもあります。撤去工事費は解約後に光回線の設備を回収するための費用で、高額なところだと30,000円〜40,000円ほど必要なので気をつけましょう。

利用者の声

違約金は知っていたけど、撤去工事費なんていうのもあるんですね。解約をする可能性を考慮するなら、違約金が少なめで撤去工事費が必要ないところを検討したほうがよさそうかな。

インターネットサービス専門家

とは言っても今では法改正などがあり、ほとんどの事業者は違約金を大幅に値下げしていたりするので、極度に不安に感じる必要もありませんよ!あくまでトラブルを避けるために、知っておいたほうがよいという程度です♪

【注意点②】キャンペーンの受け取り方に注意

光回線サービスのほとんどはキャッシュバックを始めとして、多様なキャンペーンを実施しています。キャンペーンが多ければ単純にお得になるので基本的にはメリットばかりですが、受け取り方や適用条件が複雑なものもあるので気をつけましょう。

例えばキャッシュバックキャンペーンでは、適用するために複数のオプションサービスに加入が必要であったり、最大12ヶ月間のサービス継続が条件になっていることがあります。

そのため実際にキャッシュバックが受け取れるのは光回線を契約してから1年後だったりと、予想外な期間待たされるケースも珍しくありません。

もちろんなかには早期でキャンペーンを適用してくれる光回線サービスもありますので、キャンペーン目的で光回線を選ぶ場合は適用条件や付与時期などもしっかりチェックしておくのがおすすめです。

利用者の声

全部が全部ってわけじゃないけど、なかにはキャンペーンが複雑化している光回線サービスもあるってことですね。

インターネットサービス専門家

通信会社としてもできるだけ自社の光回線を長く使ってほしいので、キャンペーンを長期的に適用するよう工夫している場合があります。ですが条件を満たせばお得なことに変わりないので、不必要に怪しんだりする必要はありませんよ♪

【注意点③】スマホセット割を意識するとお得に!

ここまで当記事の解説にも何度か登場していますが、光回線サービスにはスマホの料金を安くできるセット割と呼ばれるものがあります。

このスマホセット割は特定の光回線サービスとスマホをセット利用することで、毎月の携帯料金が半永久的に割引きとなるサービスです。

またスマホセット割は基本的に契約者だけでなく、契約者の家族にも適用することができるため、同系統(ソフトバンク・ワイモバイルなど)の通信事業者を利用している場合は家族全体で割引きを受けられます。

例えばauユーザーがauひかりを契約すれば、毎月最大1,100円の割引きが適用され、なおかつ50歳以上の離れて暮らしている家族(auユーザー)も割引き対象としてカウントされるので、一人暮らしでも家族で通信費を節約できます。

さらにauひかりではUQモバイルユーザーもセット割が適用されるため、auスマホとUQモバイルの2台持ちをされているかたは、2回線で同時に割引きを受けることも可能です。

セット割の詳しい適用条件や割引額などは、適用されるセット割によって異なりますが、いずれにしても契約している間は無期限に割引きが受けられるので是非活用しましょう!

光回線スマホキャリアサービス名
ドコモ光ドコモドコモ光セット割
ソフトバンク光
NURO 光
ソフトバンクおうち割 光セット
auひかり
eo光
ビッグローブ光
コミュファ光
BBIQ光
など
auauスマートバリュー
ソフトバンク光ワイモバイルおうち割 光セット(A)
auひかり
eo光
ビッグローブ光
コミュファ光
BBIQ光
など
UQモバイル自宅セット割
利用者の声

一人暮らしで1回線しか割引きが適用されなかったとしても、毎月1,100円も安くなるのはかなりお得ですね!

インターネットサービス専門家

年間で13,200円も携帯代が浮くので、通信費の節約効果としてはかなり大きなものになりますよ☆

一人暮らしでも光回線の契約がおすすめな人

一人暮らしでも光回線の契約をおすすめする人の特徴をまとめてみました。以下のいずれかに該当するなら、コストを支払ってでも光回線を利用する価値は十分にあります。

光回線の契約がおすすめな人
  1. 自宅で携帯の電波が入りづらい人
  2. オンライン会議などビジネスでネットを使う人
  3. ゲーム機やパソコンでオンラインゲームをする人

総括すると光回線がないインターネット環境に不満を感じているかたは、早々に光回線を契約するのがおすすめです。同じインターネットを使うにしても光回線の有無では天地の差があります。

ウェブサイトや動画コンテンツなど、閲覧できるものはモバイル回線と変わりませんが、それらの視聴するスピード感は大きく変わってくるでしょう。

環境によっては大きな違いに感じない差かもしれませんが、それでも長くインターネットを使い続けていくと、その差が時間のゆとりやストレスの低減に繋がっていきます。

光回線の相場は戸建て住居で月間5,000円、集合住宅で月間4,000円ほどと、決して理不尽な価格設定ではありませんし、むしろ緩めのハードルとも言えます。

手軽に導入できて生活感をガラッと変えてくれる代物ですので、すこしでも興味があるかたや気になったかたは、さっそく光回線の選定を始めてみてください。

利用者の声

時間を有意義に利用するためにも光回線は必須ってことですね♪

インターネットサービス専門家

せっかく優れたインターネットサービスがあるんですから、モバイル回線だけにこだわらず、ぜひ光回線も使ってみてください☆

一人暮らしで光回線を選ぶ際によくある質問

一人暮らしで光回線を選ぶ際に、よくある質問をまとめました。同じ疑問を持っているかたも多いでしょうから、以下の内容を参考にしていただき、光回線を導入するか検討してみてください。

自宅で5Gが使えるけど光回線は必要ですか?

インターネットの使用用途によっては、光回線を導入することをおすすめします。

スマホの5G回線は従来の4G回線と比べて、最大20倍のスピードで通信をすることが可能です。そのためスマホの通信については5G回線で十分対応できるでしょう。

しかしテザリングを利用して、パソコンやゲーム機のオンラインゲームを楽しむとなると、通信速度が物足りなく感じる可能性があります。

またスマホの電波は速度の変化も激しいため、安定した通信が利用しづらいのも懸念点です。安心してインターネットを使いたいと考えているなら、光回線の導入は必須と言っても過言ではありません。

スマホのテザリングを使っていますが光回線は必要ですか?

テザリングでカバーが難しいと感じたら、光回線の導入がおすすめです。

スマホのテザリング機能を利用すれば、Wi-Fiで接続可能なタブレットやパソコンなどを、インターネットに接続することができます。

ただし使用するのはスマホのモバイル回線となるため、テザリングでは通信速度が遅いと感じる可能性も少なくありません。

もしテザリングでインターネットが満足に利用できない場合や、接続台数が多い場合には光回線を契約して、Wi-Fiルーターを設置しましょう。

一人暮らしの光回線の平均料金はどれくらいですか?

一般的に光回線の料金は戸建てで5,500円、マンションで4,400円ほどと言われています。

もちろん契約する光回線サービスや料金プラン、キャンペーンの内容によって料金は変動するため、少々のズレはあるかもしれません。

なかには一定期間だけ2,000円〜3,000円で利用できるといったサービスも存在します。

単純に安いサービスが良いというわけではありませんが、できる限りコストを抑えるためにも、月額基本料金やキャンペーンは入念にチェックしておきましょう。

インターネットサービス専門家

光回線があるとネット環境が快適になるので、なにかと便利です。また、モバイル回線でトラブルが起きた際でも、光回線を契約していればネットが使えるので、保険的な役割も担ってくれますよ☆

まとめ:一人暮らしでネットが必要なら光回線がおすすめ!

今回は一人暮らしのかたにおすすめな光回線や、光回線を利用するにあたってのメリット・注意点などを詳しく解説いたしました。

一人暮らしの場合、スマホのモバイル回線でも十分と感じてしまう場合があるかと思いますが、あらゆる機器がインターネット環境を必要としている現代では光回線は欠かせない存在です。

単純にオンラインゲームを楽しんだり、ビジネスシーンで安定した回線が必要な場合はもちろんですが、日常的にも光回線が活躍するシーンは多くあります。

もちろんスマホのモバイル回線も進化をしており、高いパフォーマンスが発揮できるようにはなってきていますが、通信の速さや安定性といった部分では光回線のほうが優秀です。

また、これからは情報化社会がより進化していくことが予想されるため、今よりもさらに光回線の重要性は高まっていくでしょう。あらゆるサービスやコンテンツを1つでも多く体験するためにも、すこしでも早い光回線の導入をおすすめします。

スクロールできます
光回線一覧月額基本料金スマホセット割標準工事費
(無料特典あり)
通信速度
(平均値)
回線種別
(地域)
キャッシュバック
ドコモ光戸建て:5,720円
マンション:4,400円
ドコモ戸建て:19,800円
マンション:16,500円
下り:265Mbps
上り:283Mbps
NTT光回線
(全国)
最大100,000円
ソフトバンク光戸建て:5,170円
マンション:4,180円
ソフトバンク
ワイモバイル
戸建て:31,680円
マンション:31,680円
下り:310Mbps
上り:340Mbps
NTT光回線
(全国)
最大52,000円
auひかり戸建て:5,610円
マンション:4,180円
au
UQモバイル
戸建て:41,250円
マンション:33,000円
下り:507Mbps
上り:516Mbps
独自回線
(全国)
最大141,000円
NURO 光戸建て:5,200円
マンション:2,090円〜
ソフトバンク
NUROモバイル
戸建て:44,000円
マンション:44,000円
下り:638Mbps
上り:620Mbps
独自回線
(一部地域)
最大45,000円
eo光戸建て:3,280円〜
マンション:3,436円
au
UQモバイル
mineo
戸建て:29,700円
マンション:29,700円
下り:768Mbps
上り:717Mbps
独自回線
(関西エリア)
最大10,000円
(商品券)
ビッグローブ光戸建て:5,478円
マンション:4,378円
au
UQモバイル
ビッグローブモバイル
戸建て:28,600円
マンション:28,600円
下り:241Mbps
上り:263Mbps
NTT光回線
(全国)
最大40,000円
GMOとくとくBB光戸建て:4,818円
マンション:3,773円
なし戸建て:26,400円
マンション:25,300円
下り:257Mbps
上り:303Mbps
NTT光回線
(全国)
最大117,000円
エキサイトMEC光戸建て:4,950円
マンション:3,850円
なし戸建て:22,000円
マンション:22,000円
下り:324Mbps
上り:262Mbps
NTT光回線
(全国)
なし
コミュファ光戸建て:5,170円
マンション:4,070円
au
UQモバイル
戸建て:27,500円
マンション:27,500円
下り:635Mbps
上り:634Mbps
独自回線
(東海エリア)
最大94,000円
BBIQ光戸建て:5,500円
マンション:4,510円
au
UQモバイル
戸建て:19,800円
マンション:16,500円
下り:441Mbps
上り:392Mbps
独自回線
(九州エリア)
最大30,000円
通信速度は「みんなのネット回線速度」を参照
インターネットサービス専門家

もっとたくさんの光回線サービスを見てみたいというかたは、“光回線おすすめランキング”の記事もご覧ください♪

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。サービスの料金やスペック、契約条件、解約条件、キャンペーン等の詳細情報は、申し込む前に事前に必ず各公式サイトでご確認ください。

ドコモユーザーなら「OCN インターネット」がおすすめ!

ドコモユーザーならドコモ光!というのはわかりやすいけど、実は「OCN インターネット」もセット割が適用されてお得になること、ご存知ですか?

OCN インターネットは、ドコモ光よりも違約金がお得で、そのうえキャッシュバックキャンペーンも充実!

「接地接続が難しそうで不安...」「初期設定なんかできる気がしない...」という方も、訪問サポートでスタッフが対応してくれます!さらに、ウイルス侵入を防ぐセキュリティ対策もバッチリ!

ドコモユーザーの方は、ご自宅の光回線を「OCN インターネット」に乗り換えてみませんか?

目次