【2024年最新】格安SIMおすすめ人気ランキング

光回線の通信速度比較!ネット利用のストレスから解放される方法

本ページはプロモーションが含まれています

インターネットの存在が欠かせなくなってきた現代では、光回線もライフラインの1つとして認識されつつあります。ですが契約するサービスによっては通信速度が遅いケースもあり、まともにネットが使えないといったトラブルも。

ネットへアクセスするという重要な役割を持っている光回線ですから、まともに使えないというのはかなり痛手です。実際に『ネット環境が遅くてイライラする』『どの光回線ならスムーズにネットが使えるの?』といった悩みもよく見かけます。

だからといってすべての光回線サービスの通信速度を調べるには、莫大な時間と労力が必要です。そこで当記事では読者のかたに代わり、“厳選した光回線の通信速度を比較”してみました。

こちらの記事の情報を参考にしていただければ、ネットがサクサク使えることはもちろん、データ容量の大きな通信でも快適に利用できる光回線に出会えるでしょう。

記事の内容を理解するために専門的な知識は一切必要ありません。ぜひ最後まで読んでいただき、光回線の通信速度の違いを知っていってください!

この記事でわかること
  • 光回線の通信速度とは?
    「インターネット情報を出し入れする速度」
  • 光回線の通信速度の測定方法
    「測定サイトを利用しよう!」
  • ネットが快適に使える光回線の速度とは?
    「下り100Mbps、上り:30Mbps以上は必須!」
  • 光回線の通信速度が遅くなる原因は?
    「5つの原因と対処方法を詳しく解説」
  • 通信速度が速い光回線を使うメリット
    「とにかくストレスが軽減される!」
  • 本当に速い光回線サービスとは?
    「独自回線をつかった光回線がおすすめ!」
利用者の声

わたしの家で契約している光回線は、動画もなかなか読み込まないし使いものにならなくて困っているんです…。

インターネットサービス専門家

ネットが思うように使えないって、実は結構あるんですよね。でも安心してください!こちらの記事では光回線の通信速度を比較するだけでなく、速度が遅くなる原因や改善方法もご案内いたします☆

目次

格安SIMに乗り換え検討中の方は、当サイト限定キャッシュバックを実施しているQTモバイルをおすすめします✨詳しくは「QTモバイルの料金プランや口コミ評判」の記事をご覧ください^^

光回線の通信速度とは?

パソコンを使ってオンラインミーティング
引用元:「ドコモ光公式サイト

そもそも光回線の通信速度とは、インターネット上でのデータをやり取りする際のスピードのことを指します。仮に光回線のスピードが速ければ、単純に情報が早く受け取れるので、ウェブサイトや動画がサクサク見れるといったイメージです。

また、光回線の通信速度はデータの受け取り時だけでなく、こちらからデータを送る際にも必要となります。それぞれの通信速度は分けられており、「下りの速度(ダウンロード)」「上りの速度(アップロード)」と呼ばれます。

例えばパソコンで調べものをする際に、検索したいキーワードをネット上(サーバー)へ送る場合は上りの速度が利用され、検索結果を受け取る際には下りの速度を使うという流れです。

つまり通信速度には2種類が存在しており、どちらか一方の速度が遅いだけでもネットの使用感を大きく損ねることになります。そのため光回線を契約する際は各サービスの速度を比較し、できるだけ高い数値の光回線を契約するのが望ましいです。

項目下りの速度上りの速度
意味ダウンロードの速さ
データ受信の速度
アップロードの速さ
データ送信の速度
活用シーンネットの閲覧全般
メッセージの受信
画像の読み込み
動画の視聴
SNSへの書き込み
メッセージの送信
動画のアップロード
動画のライブ配信
利用者の声

普段は何気なくインターネットを使っていたので、通信速度が2種類もあるなんてしりませんでした!

インターネットサービス専門家

どちらの数値も重要ですが、一般的なネット利用では下りの速度の数値が高いほど、ネットの使用感が良くなる傾向にあります☆

ping値とJitter値ってなに?通信速度と違うの?

以下の内容はすこし専門的な要素なので、時間のあるかたや気になるかただけチェックすることをおすすめします。あまり難しいことに触れたくないかたは読み飛ばしていただいても、記事の本題に大きな支障はありません。

光回線の通信速度を調べていると「ping値(ピング)」「Jitter値(ジッター)」といった単語を見かけます。これらも通信速度に関連する要素であり、ネットの使いかた次第では重要な数値です。

まずping値とは通信に対する応答速度を表しており、数値が低いほど反応が早いことになります。例えばオンラインの格闘ゲームでは、コマンド入力をリアルタイムだ反映させるため、このping値が重要とされています。

仮にping値が高いとコントローラーでコマンドを入力してから、キャラクターが実際に動くまでに時間差ができてしまうため、プレイヤーの実力が発揮されないといったイメージです。

次にJitter値ですが、こちらはping値を一定時間連続で測定し、最大値と最小値の差を表した値です。例えばpingの最大値が30ms、最小値が20msだった場合、Jitter値は10msとなります。

このJitter値が高いと通信の反応速度のムラが大きいということになるため、ビデオ通話やイベントの生配信視聴では映像が固まってしまったり、接続が途切れる原因になってしまいます。ping値とJitter値の目安は、以下のとおりです。

各数値の目安ping値Jitter値
良い16ms〜35ms5ms〜10ms
普通36ms〜50ms10ms〜20ms
悪い51ms〜100ms20ms〜50ms
とても悪い101ms〜50ms〜
利用者の声

つまりはping値とJitter値の両方とも、数字が低いほうが優秀ってことですね♪

インターネットサービス専門家

もしオンラインゲームをプレイされるかたは、これらの数値も意識しておいていただくと、より理想的な光回線を選べるようになりますよ☆

光回線の通信速度が遅いとどうなる?

オンラインゲームをプレイ
引用元:「ドコモ光公式サイト

光回線の通信速度が遅いと、インターネットを使うサービスやコンテンツ全般の動作が悪くなってしまいます。例えば閲覧したいウェブサイトがなかなか開かなかったり、動画が読み込み待ちで進まないなど。

もちろんこれらは光回線に接続しているスマホ・タブレット・パソコン・ゲーム機など、あらゆる機器に影響を及ぼすため、できるだけ早い改善が求められるでしょう。

また、先にも解説しましたが光回線の通信速度には、「下りの速度」「上りの速度」の2種類があり、どちらか一方が極端に遅い場合にもネットの使用感は大きく損なわれます。

もし上りの速度に問題がある場合は、こちらの情報をインターネット上に送るのに時間がかかってしまいますし、下りの速度が遅い場合はインターネットからの結果を受け取るのに時間がかかります。

一般的には両方とも遅くなることが多いので、片方だけ遅くなるというケースはほとんどありませんが、なんらかのトラブルで片方の通信速度だけ遅延する可能性もゼロではありません。

利用者の声

光回線の通信速度が遅くなるってことは自宅のWi-Fiに接続している通信機器は、すべて使い勝手が悪くなってしまうってことですね。

インターネットサービス専門家

もし本当に光回線の通信速度が遅くなっている場合は、Wi-Fiだけでなく有線LANケーブルで接続している機器も遅くなることが予想されます。

光回線の通信速度の測定方法

光回線の通信速度は、インターネット上に公開されている速度測定サイトを利用して計測することができます。

すでに利用したことがあるかたも多いかと思いますが、Googleなどの検索エンジンで「光回線 速度測定」と検索すれば、多数の速度測定サイトが見つけられるでしょう。

また速度測定はサイトによって結果が異なります。というのも、各サイトによって使用しているサーバーが異なるためです。どれを使えばよいか迷ってしまったかたは、以下のなかから好きなものを利用してみてください。

測定サイト下りの通信速度上りの通信速度ping値Jitter値
Google測定可能測定可能測定可能測定不可
みんなのネット回線速度測定可能測定可能測定可能測定可能
Fast.com測定可能測定可能測定可能測定不可
speedtest.net測定可能測定可能測定可能測定不可
BNRスピードテスト測定可能測定可能測定不可測定不可
ブロードバンドスピードテスト測定可能測定可能測定可能測定不可
USENスピードテスト測定可能測定可能測定可能測定可能
フレッツ光公式測定可能測定可能測定不可測定不可
auひかり公式測定可能測定可能測定不可測定不可
NURO 光公式測定可能測定可能測定不可測定不可
利用者の声

光回線の通信速度を測定するだけでも、さまざまなサイトがあるんですね!

インターネットサービス専門家

サイトによっては結果が大きく異なることもあるため、より正確な数値を知りたいかたは、3〜4種類の速度測定サイトを試してみると良いでしょう☆

快適にネットが使える光回線の通信速度の目安

光回線で快適にネットが使える通信速度の最低目安は、「下り:100Mbps」「上り:30Mbps」です。とりあえず最低限これだけの速度があれば、ネットサーフィンや動画閲覧などは快適に使えるでしょう。

ただし光回線への接続台数が増えたり、高負荷なデータを送受信するとなると、より高い数値が求められます。それらも考慮すると「下り:500Mbps」「上り:300Mbps」は、確保しておきたいところです。

通信速度が速くて困ることは一切ないので、可能であればできる限り速いサービスを選びましょう。通信速度の目安と使用感については、以下にまとめておきましたので参考にしてください。

通信速度の目安下りの速度上りの速度
とても速い500Mbps〜300Mbps〜
そこそこ速い300Mbps〜500Mbps100Mbps〜300Mbps
速い100Mbps〜300Mbps30Mbps〜100Mbps
普通30Mbps〜100Mbps10Mbps〜30Mbps
遅い0Mbps〜30Mbps0Mbps〜10Mbps
利用者の声

うちは4人家族でみんなスマホとパソコンを持っているから、できるだけ通信速度が速い光回線を使うのが理想的ですね!

インターネットサービス専門家

接続機器が10台以上あり、なおかつそれらを頻繁に使うとなると、それなりに速い光回線でなければストレスを感じるかもしれません!

光回線20社分の通信速度を比較

結局どこの光回線の通信速度が速いのかは、だれもが気になるポイントですよね!そこで当サイトでピックアップした20社分の光回線の通信速度を一覧で比較してみました。

光回線一覧通信速度
(平均値)
回線種別
(提供エリア)
ドコモ光下り:265Mbps
上り:283Mbps
NTT光回線
(全国)
ソフトバンク光下り:310Mbps
上り:340Mbps
NTT光回線
(全国)
auひかり下り:507Mbps
上り:516Mbps
独自回線
(全国)
NURO 光下り:638Mbps
上り:620Mbps
独自回線
(一部地域)
eo光下り:768Mbps
上り:717Mbps
独自回線
(関西エリア)
ビッグローブ光下り:241Mbps
上り:263Mbps
NTT光回線
(全国)
GMOとくとくBB光下り:257Mbps
上り:303Mbps
NTT光回線
(全国)
エキサイトMEC光下り:324Mbps
上り:262Mbps
NTT光回線
(全国)
コミュファ光下り:635Mbps
上り:634Mbps
独自回線
(東海エリア)
BBIQ光下り:441Mbps
上り:392Mbps
独自回線
(九州エリア)
メガ・エッグ下り:351Mbps
上り:402Mbps
独自回線
(四国エリア)
@nifty光下り:234Mbps
上り:285Mbps
NTT光回線
(全国)
J:COM NET光下り:556Mbps
上り:496Mbps
独自回線
(全国)
DTI光下り:213Mbps
上り:264Mbps
NTT光回線
(全国)
ぷらら光下り:231Mbps
上り:218Mbps
NTT光回線
(全国)
楽天ひかり下り:204Mbps
上り:230Mbps
NTT光回線
(全国)
enひかり下り:353Mbps
上り:402Mbps
NTT光回線
(全国)
@T-COM光下り:271Mbps
上り:271Mbps
NTT光回線
(全国)
Fon光下り:389Mbps
上り:462Mbps
独自回線
(一部地域)
hi-hoひかり with games下り:350Mbps
上り:552Mbps
NTT光回線
(全国)
通信速度は「みんなのネット回線速度」を参照

光回線にはNTT回線をつかったサービスと、通信会社が自社で保有する独自回線をつかったサービスの2種類があります。なかでも独自回線をつかったサービスは通信速度が速いため、インターネットのコアユーザーに人気です。

NTT回線をつかったサービスも決して遅いわけではありませんが、通信速度を追求するのであれば独自回線をつかったサービスを基準に光回線を選ぶとよいでしょう。

利用者の声

光回線っていろいろあるけど、ほとんどはNTT回線をつかったサービスなんですねー!

インターネットサービス専門家

いわゆる光コラボレーションモデルと呼ばれるサービスで、NTT回線を使用する点は共通していますが、インターネットに接続するプロパイダが異なるので、通信速度にも違いがあります☆

光回線の通信速度おすすめ比較ランキング

次に当サイトがおすすめする通信速度に優れた光回線をランキング形式でご紹介します。

単純に通信速度が速いだけでなく、サービス面も考慮したランキングとなっていますので、総合的に使いやすい光回線をお探しのかたはぜひ参考にしてください。

ランキング通信サービス
第1位eo光
第2位auひかり
第3位NURO 光
第4位エキサイトMEC光
第5位GMOとくとくBB光
インターネットサービス専門家

もちろん通信速度が速いことは前提条件として、おすすめのサービスをチョイスしているので、参考になること間違いなしですよ☆

【第1位】eo光

スクロールできます
項目概要
提供エリア関西
最大通信速度1Gbps
or
5Gbps
or
10Gbps
実質平均速度下り:768Mbps
上り:717Mbps
月額料金
※最も安いプランの料金
戸建て:3,280円〜
マンション:3,436円
スマホセット割au
UQモバイル
mineo
工事費戸建て:29,700円
マンション:29,700円
実質無料
契約期間
※最低利用期間
1年
or
2年
解約違約金戸建て:最大6,200円
マンション:最大6,200円
キャッシュバック最大10,000円
(商品券)
公式サイトeo光の公式サイト

eo光は関西電力グループが提供する独自回線をつかった光回線サービスで、圧倒的な通信速度を誇っています。さらに月額基本料金も安価なので、総合的にコスパが良いのも評価点です。

また、関西電力グループはKDDIと業務提携をおこなっているため、「au」「UQモバイル」のスマホをお使いであれば携帯料金の割引きも受けられるので、より通信費を抑えることもできます。

関西エリア限定の光回線サービスなので、契約できるユーザーは限られてしまいますが、対象地域にお住まいなら絶対利用すべきサービスです!

利用者の声

たしかに20社で通信速度を比較したときも、eo光だけ頭一つ抜けている印象がありました♪

インターネットサービス専門家

そのうえで最大通信速度は10Gbpsにまで対応しているため、契約するプラン次第ではさらに速い通信速度でネットを使うことも可能です☆

【第2位】auひかり

スクロールできます
項目概要
提供エリア全国
※東海・関西・沖縄はマンションのみ
最大通信速度1Gbps
or
5Gbps
or
10Gbps
実質平均速度下り:507Mbps
上り:516Mbps
月額料金
※最も安いプランの料金
戸建て:5,610円
マンション:4,180円
スマホセット割au
UQモバイル
工事費戸建て:41,250円
マンション:33,000円
実質無料
契約期間2年
or
3年
解約違約金戸建て:4,730円
マンション:2,730円
キャッシュバック最大141,000円
公式サイトauひかりの公式サイト

auひかりはKDDIグループが提供する光回線で、独自回線をつかったサービスでありながら全国的に広い範囲で契約することが可能です。

NTT回線のように広い提供エリアを持ちながらも、独自回線を活かした高速通信が魅力で、あらゆるかたにおすすめできる光回線でもあります。

また、auひかりでは総額100,000円以上のキャッシュバックをはじめとして、多数のキャンペーンを実施しているので、光回線をお得に契約したいと考えているかたにもおすすめです!

利用者の声

総額100,000円以上ですか!?そんなに還元してくれるなんて、太っ腹過ぎますよ♪

インターネットサービス専門家

キャンペーン内容は時期によって異なるので、気になるかたは是非“auのキャンペーン”の記事もご覧になってください☆

【第3位】NURO 光

スクロールできます
項目概要
提供エリア21都道府県
最大通信速度2Gbps
or
10Gbps
or
20Gbps
実質平均速度下り:638Mbps
上り:620Mbps
月額料金
※最も安いプランの料金
戸建て:5,200円
マンション:2,090円〜
スマホセット割ソフトバンク光
NUROモバイル
工事費戸建て:44,000円
マンション:44,000円
実質無料
契約期間2年
or
3年
解約違約金戸建て:3,850円
マンション:3,740円
キャッシュバック45,000円
公式サイトNURO 光の公式サイト

NURO 光はソニーグループが提供するサービスで、先の2つと同じく独自回線をつかった光回線です。他社との大きな違いは最大通信速度にあり、NURO 光では一般的な速度の2倍を上限値として、サービス提供をおこなっています。

そのため最大通信速度の上限が20Gbpsと、とてつもない数値になっており、あらゆる環境下で爆速通信を実現してくれています。

このような超高速通信サービスでありながら、月額基本料金はリーズナブルで、さらにはスマホセット割まで導入しているため、対象のスマホをお使いなら携帯料金も安くなるのが嬉しいところ!

提供エリアもauひかりに次いで広範囲となっているので、対象地域にお住まいのかたは1度検討してみてはいかがでしょうか。

利用者の声

安くて通信速度は速いんだから、文句のつけどころがありませんね♪

インターネットサービス専門家

サービス開始当初は提供エリアが都内の一部だけと狭かったのですが、今では21都道府県に範囲を広げているので、契約できるかたも増えています☆

【第4位】エキサイトMEC光

スクロールできます
項目概要
提供エリア全国
最大通信速度1Gbps
実質平均速度下り:324Mbps
上り:262Mbps
月額料金
※最も安いプランの料金
戸建て:4,950円
マンション:3,850円
スマホセット割なし
工事費戸建て:22,000円
マンション:22,000円
実質無料
契約期間なし
解約違約金戸建て:0円
マンション:0円
キャッシュバックなし
公式サイトエキサイトMEC光の公式サイト

エキサイトMEC光は、インターネット上のポータルサイトを運営しているエキサイト株式会社が提供する光回線サービスです。

これまでに紹介した独自回線をつかった光回線とはことなりNTT回線を採用しているため、国内の広いエリアでサービスを契約することができます。

NTT回線のサービスはユーザー数が多いこともあり、独自回線のサービスよりも通信速度が遅くなりがちですが、エキサイトMEC光は平均速度も速く快適に使えるのが魅力です。

また、キャッシュバックやスマホセット割といった大きなキャンペーンこそ実施していないものの、月額5,000円未満のリーズナブルな料金設定でコスパに優れています。

利用者の声

NTT回線をつかっているっていうのは、なんだか安心感がありますね♪

インターネットサービス専門家

すでに他社の光コラボレーションモデルを契約している場合は、工事なしでエキサイトMEC光に乗り換えができるので、とてもおすすめですよ☆

【第5位】GMOとくとくBB光

スクロールできます
項目概要
提供エリア全国
最大通信速度1Gbps
実質平均速度下り:257Mbps
上り:303Mbps
月額料金
※最も安いプランの料金
戸建て:4,818円
マンション:3,773円
スマホセット割なし
工事費戸建て:26,400円
マンション:25,300円
実質無料
契約期間なし
解約違約金戸建て:0円
マンション:0円
キャッシュバック最大117,000円
公式サイトGMOとくとくBB光の公式サイト

GMOとくとくBB光は、インターネット業界で20年以上もプロパイダ事業を運営している、GMOインターネットグループ株式会社が手供する光回線サービスです。

基本的な特徴は前述したエキサイトMEC光と似ており、GMOとくとくBB光もNTT回線をつかって高速通信が利用できます。また料金面に関してもエキサイトMEC光と同じく、シンプルで安いため多くのユーザーから人気です。

さらにGMOとくとくBB光では高額キャッシュバックを実施することもあるため、契約するタイミング次第ではエキサイトMEC光よりもお得に利用できるでしょう。

利用者の声

契約期間や違約金といった縛りがないのも嬉しいポイントですね♪

インターネットサービス専門家

料金プランもシンプルで、専門知識がなくても迷うことなく契約できますよ☆

光回線の通信速度が遅くなる原因と改善方法

現在つかっている光回線の通信速度が遅いとお悩みのかたのために、光回線の通信速度が遅くなってしまう原因と、それらの改善方法をご紹介いたします。

インターネットサービス専門家

光回線の通信速度はさまざまな条件で遅くなってしまうので、原因がわからないというかたは一度全てチェックしてみましょう!

【原因①】使用している端末の劣化・トラブル

判別方法:端末ごとに速度を測定する。
改善方法:端末を買い替える。

光回線をつかっていて通信速度が遅く感じる場合に意外と多いのが、接続している端末側のトラブルや劣化です。最近ではスマホやタブレットなどの性能が良くなってきているので、同じ機種を長く使われるかたも増えてきました。

また中古市場も拡大されてきており、より古い機種がつかわれる機会が増えてきています。1台の端末が長くつかえること自体は良いことなのですが、どれだけ性能がよくても劣化は避けられません。

もし劣化や故障といった状態になっている端末をつかっているのであれば、インターネットの接続が悪く感じることもあるでしょう。

例えば特定の端末だけで通信速度が遅く感じる場合は、こちらの原因に該当している可能性が高いです。対処法として端末の初期化を試みたり、思い切って新しい機種を用意してみるのも選択肢といえます。

利用者の声

必ずしも光回線に原因があるとは限らないんですね。

インターネットサービス専門家

むしろ光回線以外に原因があることのほうが多いくらいです!そのため、通信速度が遅く感じる場合は、どこに原因があるのか特定をすることが重要です☆

【原因②】周辺機器の劣化・トラブル

判別方法:周辺機器を再起動して速度測定をする。
改善方法:周辺機器の修理・交換、設定・設置場所の変更。

端末に問題が起きる可能性があるということは、光回線で使用している通信機器にも劣化やトラブルといったことが起きうる場合もあります。

なかでも特に多いのがWi-Fiルーターの劣化です。光回線でつかわれるWi-Fiルーターの多くは、電源を入れたまま放置されることが多く、知らない間にホコリが機器の内部に入り込んでいたり、湿気が蓄積してショートするといったことがあります。

また、Wi-Fiルーターは環境がよければ10年以上同じモデルをつかい続けることもできるため、買い替える機会を逃しているケースもあり、単純に性能不足となっているパターンも。

セキュリティや機能の観点から、可能であれば5年以内に買い替えをおこなうのが理想とされているので、もしWi-Fiルーターを設置してから5年以上経過している場合は交換を検討しましょう。

利用者の声

Wi-Fiルーターも、同じものがずっと使えるわけではないんですね。

インターネットサービス専門家

例えばWi-Fiルーターを経由してネット接続している機器で、通信速度の遅さを感じるようになった場合は、劣化が進んでいると考えられます。まずはWi-Fiルーターを再起動してみて、通信速度に変化があるか確認してみてください☆

【原因③】建物内の配線が高速通信に非対応

判別方法:宅内のネット用コンセントを確認。
改善方法:管理会社や通信会社に相談する。

アパートやマンションなどの集合住宅にお住まいの場合は、建物内部の配線方式によって通信速度が低下している可能性があります。

集合住宅では電柱から建物まで光ファイバーを引き込みますが、建物内部の配線は光ファイバー以外が採用されているケースがあるんです。

仮に光ファイバー以外の配線が各部屋まで引き込まれている場合、最大通信速度が低下するため、実際の速度も遅くなります。

光ファイバー以外で使用される配線には「LANケーブル」「メタルケーブル(電話線)」の2種類があり、宅内のコンセントの種類から判断することが可能です。

もし個人で判断が難しい場合は管理会社へ相談し、光コンセント以外が設置されている場合は変更が可能か相談してみると良いでしょう。

コンセントの種類配線方式最大通信速度
光コンセント光回線方式最大1Gbps
LANコンセントLAN方式最大100〜1Gbps
モジュラージャックVDSL方式最大100Mbps
(約10分の1)
利用者の声

光コンセント以外から、光コンセントへ変更することもできるんですか?

インターネットサービス専門家

技術的には可能な場合と不可能な場合があります。もし可能な場合でも建物の管理会社の許可が必要になるので、まずは管理会社へ相談してみてください☆

【原因④】集合住宅で回線が混雑

判別方法:同じ建物の住人にネットが使えるか聞いてみる。
改善方法:違う回線を使ったサービスに乗り換える。

集合住宅で光回線の通信速度が遅くなってしまう場合、アクセスが集中することによって回線の輻輳(ふくそう)が起きてしまうことがあります。ちなみに輻輳とはアクセスが集中することにより通信速度が低下する状態のことです。

例えば集合住宅で同じ光回線をつかっているユーザーが多く、それらが同じ時間帯に集中してインターネットを利用すると、輻輳が起きる可能性があります。

これは狭いトンネルに対して膨大な数の車両が往来しているようなイメージで、ネットワークの渋滞とも呼べる状態です。こういった状態を避けるためには、IPv6通信をつかったインターネットを利用するなど、多少の知識が必要になります。

もし個人でIPv6の設定が難しい場合は契約している通信会社へ相談するか、IPv6をスタンダードで適用してくれる光回線へ乗り換えるのがおすすめです。

利用者の声

光回線も実際の道路みたいに渋滞することがあるんですね。

インターネットサービス専門家

まさにインターネット上の道路のような存在ですから、利用者が増えれば混雑する可能性はあります。しかし最近のネットの技術力で輻輳は起きにくくなってきているので、もし輻輳に遭遇するようなら他社へ乗り換えを検討したほうが良いでしょう☆

【原因⑤】接続先のサーバーが混雑

判別方法:ほかのサイトへアクセスしてみる。
改善方法:時間を空けて再接続をする。

光回線の通信速度とは関係なく、特定のサイトやコンテンツだけスムーズに閲覧できないといった場合には、接続先のサーバーが混雑している可能性が高いです。

光回線が混雑するのと同じように、1つのサーバーに対して多くのユーザーがアクセスをした場合、サーバーに多大な負荷がかかるためレスポンス(反応)が悪くなります。

最悪の場合、目的のページを一切開くことができないといったこともあるので、遭遇した場合は時間をあけてから再接続を試みるのが良いでしょう。

利用者の声

なんだか人気の飲食店で、人が並んでいるところを想像しちゃいました!

インターネットサービス専門家

まさにそのようなイメージで、同じところへアクセスが集まりすぎてしまうと、サーバーが反応できなくなってしまうんです。ですので残念ではありますが、スムーズにアクセスできるまでは待つのが利口です!

接続台数に注意!光回線の通信速度が激的に遅くなるかも

光回線の通信速度が遅くなってしまう原因としては、宅内での通信混雑が考えられます。最近では1人で複数台のスマホを持っていたり、パソコンやタブレットなどの端末を併用しているケースも多いです。

例えば5人家族で1人3台の端末を持っていた場合、それだけで合計15台もの端末を接続することになります。これに加え家族共有でつかうような生活家電(冷蔵庫・掃除機・エアコン・スピーカー・ゲーム機など)があれば、より負担増に!

もちろんこれらの機器をすべて一斉につかうようなタイミングはないかもしれませんが、不特定多数の端末であらゆるデータ通信をすることは頻繁にあるでしょう。

また、Wi-Fiルーターは接続している機器や端末をすべて管理し、常時データを送受信しているので、想像以上に負担がかかっています。そのためWi-Fiルーターに接続する機器や端末が増えれば増えるほど、通信速度の低下に繋がります。

だからといって接続する機器や端末を減らすというのも、あまり現実的ではないので、そのような場合には最大通信速度が「5Gbps」「10Gbps」に対応しているハイスペックな光回線を利用するのがおすすめです。

高速通信対応の光回線最大通信速度平均通信速度
(1〜2Gbpsプラン利用時)
回線種別
(提供エリア)
ドコモ光1Gbps
10Gbps
下り:265Mbps
上り:283Mbps
NTT光回線
(全国)
ソフトバンク光1Gbps
10Gbps
下り:310Mbps
上り:340Mbps
NTT光回線
(全国)
auひかり1Gbps
5Gbps
10Gbps
下り:507Mbps
上り:516Mbps
独自回線
(全国)
NURO 光2Gbps
10Gbps
20Gbps
下り:638Mbps
上り:620Mbps
独自回線
(一部地域)
eo光1Gbps
5Gbps
10Gbps
下り:768Mbps
上り:717Mbps
独自回線
(関西エリア)
通信速度は「みんなのネット回線速度」を参照
利用者の声

せっかく買った機器や端末が使えないのは嫌だし、かといって通信速度が遅くなるのも困りますもんね!

インターネットサービス専門家

光回線サービスの多くは最大通信速度が1Gbpsのプランしか用意されていないため、最近ではパフォーマンス不足といった話しもあります。もし遅く感じるようであれば、積極的にグレードの高いプランを契約しましょう☆

通信速度が速い光回線を使うメリット

通信速度が速い光回線をつかうメリットには、次のようなものが挙げられます。

インターネットサービス専門家

ぜひ内容を理解していただき、あなたも通信速度に優れた光回線サービスを利用しましょう☆

【メリット①】ネットがサクサク使えてストレスが減る

通信速度が速い光回線を利用すれば、インターネット全般がサクサクつかえるので、ネット生活におけるストレスが大幅に減ります。使いかたによっては、ストレスを一切感じないといったこともあるでしょう。

例えば格安SIMを契約しているかたの場合、1ヶ月につかえるデータ容量があらかじめ決まっているケースがほとんどだと思います。もしデータ容量を超過してしまうと、ネットがまともに使えなくなりますよね。

そういったときにも通信速度の速い光回線があれば、ガッツリとインターネットを楽しめます。また、現在契約している光回線やインターネットサービスの通信速度が遅ければ、ネット自体をつかう気力もなくなってしまうかもしれません。

しかし通信速度が速い光回線を体感すれば、世界はガラッと変わります。あらゆる調べごとがスムーズに解決でき、動画やゲームといった趣味なども快適に楽しむことが可能です。

利用者の声

快適なネット環境って本当に憧れますよ!

インターネットサービス専門家

一度体験したら、もう絶対に過去の状態には戻りたくなくなります!世の中にこんな便利なものがあったのかと感動すら覚えるでしょう☆

【メリット②】家族で同時にネットを使っても安定しやすい

一人暮らしで光回線の通信速度が遅いというケースはそこまで多くありませんが、家族複数人でインターネットをつかっている環境のかたは通信速度が遅いと感じることが多いようです。

これは先にも解説したようにインターネットへ接続する機器や端末が多いことが原因と考えられ、Wi-Fiルーターや光回線がその負荷に耐えられていないためです。

しかしハイスペックな光回線を利用すれば、数十台の機器を同時にネットへ接続しても、通信速度の遅さを感じることはなくなるでしょう。

例えば今までは家族のネット利用を気にしなければならなかったのが、通信速度の速い光回線へ変更するだけで、いつでも自由にネットが使えるようになるんです!

利用者の声

わたしも実家に住んでいたときは、ネット環境が微妙だったから、毎回Wi-Fiの接続を切ったり試行錯誤していました(笑)

インターネットサービス専門家

使うタイミングが限定されるのってストレスですよね…。でもハイパフォーマンスの光回線を使えば、そんな悩みはすぐに解決できますよ☆

【メリット③】混雑する時間帯でも快適にネットが使いやすい

光回線サービスの評価を見ていると、特定の時間帯だけ通信速度が遅くなるといったケースが多く見られます。これは光回線に対してアクセスが集中しているためで、ユーザーが自宅にいて起きている時間帯(午前中や夜19時頃など)に多いです。

明らかに光回線で混雑が起きていることが原因と考えられ、解決できずに困っているかたも多いですが、ハイパフォーマンスの光回線であれば時間帯も気にせずサクサクとネットが使えます。

そもそも生活リズムが昼夜逆転しているなど、特殊な環境であれば気にならない悩みかもしれませんが、日中に勤務されているかたや学生にとっては大きな問題でしょう。

もし特定の時間帯に通信速度の低下が見られる場合は、ぜひ以下の光回線サービスを利用してみてください!

高速通信対応の光回線最大通信速度平均通信速度
(1〜2Gbpsプラン利用時)
回線種別
(提供エリア)
ドコモ光1Gbps
10Gbps
下り:265Mbps
上り:283Mbps
NTT光回線
(全国)
ソフトバンク光1Gbps
10Gbps
下り:310Mbps
上り:340Mbps
NTT光回線
(全国)
auひかり1Gbps
5Gbps
10Gbps
下り:507Mbps
上り:516Mbps
独自回線
(全国)
NURO 光2Gbps
10Gbps
20Gbps
下り:638Mbps
上り:620Mbps
独自回線
(一部地域)
eo光1Gbps
5Gbps
10Gbps
下り:768Mbps
上り:717Mbps
独自回線
(関西エリア)
通信速度は「みんなのネット回線速度」を参照
利用者の声

わたしの自宅は夜21時以降になると、途端にネットが繋がりにくくなるんですよね…。

インターネットサービス専門家

となると、その地域では21時以降からネットユーザーが増えていると思われますね!回線の混雑はユーザー側で解消が難しいので、思い切って他社へ乗り換えたほうが簡単に解決できますよ☆

地域限定の光回線は通信速度が速いって本当?

この記事の前半でもすこしだけ触れましたが、光回線には「NTT回線」「独自回線」の2種類があり、それぞれ特徴が異なります。

NTT回線は国内全域にサービスを提供しており、あらゆる人が契約しやすいのが特徴です。ただしNTT回線をつかっているサービス(光コラボレーションモデル)は事業者数と契約者数が多いため、独自回線より速度が出にくいのが現実です。

一方で地域限定の独自回線を採用したサービスは、契約できる範囲がそれぞれ決まっています。その代わり利用者数もある程度の上限があるため、回線が混雑しにくく通信速度が速い傾向にあります。

利用者の声

つまり地域限定の光回線の通信速度が速いというのは本当なんですね!?

インターネットサービス専門家

実際にユーザーが計測した速度の平均値を見てもわかるように、独自回線のほうが通信速度が速いのは明白ですね☆

通信速度を重視するならeo光やauひかりがおすすめ!

通信速度を重視して光回線サービスを選ぶのであれば、「auひかり」「eo光」の2社が特におすすめです。どちらも独自回線で通信速度が速いこともちろんですが、最大通信速度も10Gbpsまで対応しています。

さらにauひかりは提供エリアが広く、キャンペーンも豊富なので、いまお使いの光回線から乗り換えをしても十分お得になるでしょう。

eo光は関西エリア限定なので契約ができるかたは限られますが、独自回線をつかった光回線サービスのなかでも、格段に通信速度が速いので速度重視のユーザーには最適なサービスです。

高速通信対応の光回線最大通信速度平均通信速度
(1〜2Gbpsプラン利用時)
回線種別
(提供エリア)
auひかり1Gbps
5Gbps
10Gbps
下り:507Mbps
上り:516Mbps
独自回線
(全国)
eo光1Gbps
5Gbps
10Gbps
下り:768Mbps
上り:717Mbps
独自回線
(関西エリア)
通信速度は「みんなのネット回線速度」を参照
利用者の声

もしeo光がつかえなくても、auひかりなら全国的に契約ができるから、なんとかなりそうですね♪

インターネットサービス専門家

これらの契約が難しい場合は、当記事のランキングを参考にしていただき、他のサービスを比較検討してみるのも良いでしょう☆

光回線の通信速度の比較についてよくある質問

光回線の通信速度の比較について、よくある質問をまとめてみました。あなたが抱いている疑問が解決するかもしれませんので、ぜひ目を通してみてください。

同じ光回線を使っている人と比較して速度が遅いのはなぜですか?

インターネットの通信速度は、利用環境によっても変化するためです。

例えば使っているスマホや設置しているWi-Fiルーターなどが違えば、そもそも光回線を配線している場所すら異なるため、仮に同じサービスであっても確実に同じ速度が出るとは限りません。

インターネットにおいて快適な環境を構築するためには、各々が自身のネット環境に向き合って適切な対応を志ていく必要があります。

光回線の通信速度はモバイル回線と比較してどれくらい速いですか?

利用するサービスにもよりますが、光回線のほうが10倍〜100倍ほど速い場合も珍しくありません。

モバイル回線にも種類があるように、光回線にも種類があり、それぞれで通信速度は大きく異なります。

例えばモバイル回線の4Gと5Gでも約20倍の速度差があり、環境次第では使用感にも大きな差がでます。もし光回線と比べれば、さらに差は如実となるでしょう。

光回線の通信速度はなぜ速いんでしょうか?

光の点滅を使って情報を伝達するため、まさに光速で通信ができます。

ちなみに光と近い速度で通信ができる電気信号は電磁波の影響を受けやすく、距離に応じて力が弱まってしまう性質があるため、現在の光信号を使った通信方法のほうが長距離の通信にも適しています。

インターネットサービス専門家

光回線は現存するインターネットサービスのなかで、もっとも通信速度が速いサービスです。ぜひ自分の環境にあったサービスを選び、快適にネットを利用しましょう!

まとめ:ネットを快適に使うなら光回線の通信速度が超重要!

インターネットを快適につかうためには、通信速度に優れた光回線の存在が欠かせません。光回線だからなんでも良いというわけではなく、しっかりと安心して使えるサービスを見極める必要があります。

もしパフォーマンスの高い光回線を利用できれば、あなたのネット環境は大きく変わるでしょうし、人生にも良い変化をもたらしてくれるはずです。

これからの時代、インターネットのコンテンツはさらに進化することが予想され、それに伴ってクオリティの高いネット環境が必須となってくるでしょう。

今はまだなんとかなっていても、いずれはハイパフォーマンスな光回線へ変更しなければなりません。それならば早いうちから、良い光回線へ乗り換えておき、すこしでも快適にインターネットをつかったほうが有意義に感じませんか?

すでに光回線を契約しているかたなら、毎月の負担額も大きく変わることはありませんし、ぜひ前向きに検討してみていただければ幸いです!

インターネットサービス専門家

今なら豊富なキャンペーンが受けるなどの特典がありますが、今後光回線の提供に関する法改正が進めば、乗り換えの負担は大きくなる可能性があります。そうなる前に早めに乗り換えを済ませておきましょう!

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。サービスの料金やスペック、契約条件、解約条件、キャンペーン等の詳細情報は、申し込む前に事前に必ず各公式サイトでご確認ください。

ドコモユーザーなら「OCN インターネット」がおすすめ!

ドコモユーザーならドコモ光!というのはわかりやすいけど、実は「OCN インターネット」もセット割が適用されてお得になること、ご存知ですか?

OCN インターネットは、ドコモ光よりも違約金がお得で、そのうえキャッシュバックキャンペーンも充実!

「接地接続が難しそうで不安...」「初期設定なんかできる気がしない...」という方も、訪問サポートでスタッフが対応してくれます!さらに、ウイルス侵入を防ぐセキュリティ対策もバッチリ!

ドコモユーザーの方は、ご自宅の光回線を「OCN インターネット」に乗り換えてみませんか?

目次