【2024年最新】格安SIMおすすめ人気ランキング

格安SIMのeSIMとは?2社契約が安いデュアルSIMおすすめ組み合わせを比較

本ページはプロモーションが含まれています

格安SIM「eSIM」を使うと、携帯代が今よりももっと安くできる可能性があります!それだけでなく手続きも簡単で、自宅にいながら最短1時間で切り替えまでできるって聞いたら、『嘘でしょっ!?』って驚きませんか?

こんな風にeSIMにはメリットがたくさんあるんですが、もちろん注意点もないわけではありません。使うためにはeSIMに対応したキャリアと端末が必要になります。

こちらの記事を読んでいただければ、「eSIMってなに?」「どうやって使うの?」「どこのeSIMがおすすめ?」といった悩みも、すぐに解決されること間違いなし!

誰でも簡単に理解できるよう、IT業界に長年勤める私がわかりやすく解説しているので、早速チェックしてみてください♪

この記事でわかること
  • eSIMとは?
    「端末に組み込まれたSIM」
  • 格安SIMのeSIMについて
    「格安SIMでeSIMを使うメリットは大きい」
  • 格安SIMのeSIMの種類について
    「音声SIM・データSIMの2種類」
  • 格安SIMのeSIMを使うメリット
    「デュアルSIMができる」
  • 格安SIMのeSIMを使うデメリット
    「SIMカードの脱着ができない」
  • 格安SIMのeSIMの賢い活用方法
    「完全無制限でも2,000円以上節約可能」
  • eSIM対応おすすめの格安SIM
    「おすすめはLINEMO」
利用者の声

機械とか苦手な私でも、ちゃんと使えますかね?

インターネットサービス専門家

使用する分には特に普段と変わりませんし、申し込みさえできれば誰でも簡単に使えますよ♪具体的に詳しく解説しますね!

▶格安SIM、どこにしようかな…

どこの格安SIMに乗り換えようか迷っているそこのあなた。事業者が多すぎて、どれが自分にあってるのか、格安SIM(格安スマホ)の比較って面倒くさいですよね…。

それなら私にお任せ下さい!当サイトでは10社以上の格安SIMの利用経験を持つ格安SIMのプロが、あなたにピッタリの格安スマホをご提案いたします!!格安SIM(格安スマホ)の比較の記事にてランキング形式で紹介をしておりますので、迷っている方はとりあえず上位の格安SIMを選んでおけば間違い有りません👍

目次

格安SIMのeSIMとは?

SIMカードとeSIMの特徴
画像引用元:LINEMO公式サイト

そもそも「eSIM」とは、スマホなどの端末に内蔵された“組み込み型のSIM”を指します。

日本国内では2019年に格安SIM事業者の「IIJmio」が初めてサービスを開始し、翌年春には大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)も参入したのがeSIMの始まりです。

このeSIMを使えば遠隔で契約者情報(電話番号・メールアドレス・識別番号)の書き込みができるため、従来のSIMカードが不要となり、携帯ショップでの発行手続きやオンラインでの郵送手続きも必要なくなりました。

eSIMとは?
  • 「Embedded SIM」の略称
  • 端末内部に組み込み型のSIM
  • SIMカードの装着・脱着が不要
  • 手続きがオンラインで完結する
  • 手続きから短時間で利用開始できる
  • 端末によってはSIMカードと併用できる

eSIMの特徴としては「利用開始までが早い」「SIMの形状を気にしなくていい」といった様々な利点があり、対面での手続きが難しくなってきている昨今では利用者も増えてきています。

特に“格安SIMの事業者が提供するeSIM”は需要が高く、こちらの記事で情報を詳しくまとめました!

利用者の声

SIMカードって、あの小さなチップのことですよね?

インターネットサービス専門家

そうですね!そのチップと同じ機能を持ったものを、予め本体内部に組み込んだものが「eSIM」となります♪

eSIMとSIMカードの違い

従来のSIMカードと、eSIMの違いを比較してみました。

SIMの違いeSIMSIMカード
別名デジタルSIM物理SIM
型式組み込み型装着型
手続きオンライン店頭・オンライン
取り外し不可可能
対応端末少ない多い
利用開始まで最短1時間最短1〜2日
eSIMなら自宅からでも最短1時間で利用可能です!

従来のSIMカードは利用する端末に合ったサイズのものを発行してもらい、SIMカードスロットに装着して使用する必要がありました。 こちらがeSIMになることで一切不要となり、利用開始までが非常にスムーズになります。

特にどちらのSIMを使用しても機能面や料金などが変わることはありませんし、通話・通信の品質も同じです。

利用者の声

それならeSIMを使ったほうが、利便性が高くなりそうね!

インターネットサービス専門家

ただしeSIMにも注意点があります!

eSIMを利用する際の注意点

eSIMの注意点は、主に次の3つです。

eSIMの注意点
  • eSIMに対応したキャリアしか使えない
  • eSIMに対応した端末でしか使えない
  • キャリア端末はSIMロック解除が必要

eSIMはサービス開始から期間が短く、そもそも提供している事業者はあまり多くありません。その上、対応している端末も同時期以降に販売されたものがほとんどなので、2018年以前の機種は対応していないものがほとんどです。

つまりeSIMを使うためには「eSIM対応機種の用意」「eSIM対応キャリアの契約」の2つの条件を満たす必要があります。

また、eSIMでも従来のSIMカードと同様に「SIMロック」がかかっている端末では、対象キャリア以外利用できないため、格安SIMのeSIMを使う場合などには特に注意が必要です。

利用者の声

eSIMは便利そうだけど、まだSIMカードの方が主流ってことなんですね…。

インターネットサービス専門家

eSIMは総務省も推奨しているので

格安SIMのeSIMの種類

格安SIMのeSIMには次の2種類があり、それぞれ違った特徴があります。

特徴比較音声SIMデータSIM
利用料金
電話番号通話
ショートメッセージ
インターネット通話
インターネット検索
電話番号を使わないならデータSIMがおすすめ!

料金は音声SIMのほうが高い傾向にありますが、その分データSIMでは電話番号を使用したサービスが利用できない(SMSのみ使えるものもある)デメリットがあります。

しかしデータSIMでも通信時の識別用として電話番号が割り振られるため、LINEの新規登録などをすることは可能です。

基本的に電話番号を使った通話を使用しない方はデータSIMを使用し、電話番号を使った通話を行う場合には音声SIMを契約すると良いでしょう!

利用者の声

電話番号の使い道によって、おすすめのSIMが変わるってことですね!

インターネットサービス専門家

音声SIMを使う場合でもデータ通信のプランを低くして、安く使うこともできますよ♪

格安SIMのeSIMはiPhoneで使える?Androidでも使える?

格安SIMのeSIMは、「iPhone」「Android」のどちらでも使える端末があります!

基本的には2018年以降に販売開始になっているモデルで対応しており、iPhoneであれば「iPhone XSシリーズ」「iPhone XR」以降で使用可能です。

お使いの端末がeSIMに対応しているかを調べる場合には、それぞれ次の手順で操作を進めてみてください!

eSIM対応機種の確認方法
iPhone
  1. 「設定」アプリを選択
  2. 「一般」をタップ
  3. 「情報」をタップ
  4. 画面一番下までスクロール
  5. 「EID」の表示があればOK
Android
  1. 「設定」を開く
  2. 「デバイス情報」をタップ
  3. 「SIMステータス」をタップ
  4. 「EID」の表示があればOK

※Androidは機種により操作手順が異なる場合があります。

利用者の声

この「EID」の表示がない端末では、eSIMが使えないってことですね!

インターネットサービス専門家

その場合は、eSIMに対応した端末に変更する必要があります!

格安SIMのeSIMはタブレットやノートパソコンにも使える

スマホほど種類は多くありませんが、「タブレット」「ノートパソコン」でもeSIMに対応したモデルがあります。こちらも基本的には2018年以降に販売開始となった端末しか、eSIMには対応していません。

タブレットの場合は先ほどのスマホと同じ手順で「EID」を確認し、ノートパソコンは次の手順を使って確認してみましょう!

eSIM対応機種の確認方法
Windows 11
  1. 「スタート」を選択
  2. 「設定」をクリック
  3. 「ネットワーク」をクリック
  4. 「携帯ネットワーク」をクリック
  5. 「このSIMを携帯電話のデータに使用する」の項目を確認
  6. 「eSIM」「SIM2」の表示があればOK
Windows 10
  1. 「スタート」を選択
  2. 「設定」をクリック
  3. 「ネットワーク」をクリック
  4. 「携帯ネットワーク」をクリック
  5. 「eSIM プロファイル管理」の表示があればOK

※バージョンにより文言や操作手順が異なる場合があります。

特にノートパソコンの場合は、2018年以降に販売されたものでもほとんど対応していないので、新しいモデルでもeSIMが使えない可能性は十分にあります。

ただし、タブレットやノートパソコンはスマホの「テザリング」を使って通信ができるので、非対応端末だからと言って特に大きな問題ではありません。

利用者の声

もしeSIMに対応していれば、外出先でもノートパソコン単体でインターネットが使えるんですね!

インターネットサービス専門家

そういった使い方も可能です♪

格安SIMのeSIMを使う8つのメリット

格安SIMのeSIMを利用するメリットには、次のようなものが挙げられます。

eSIMのメリット
  • SIMカードと併用し2社利用が可能
  • SIMカードを紛失することがない
  • SIMカードの返却が不要になる
  • SIMカードの形状を気にしなくていい
  • 手続きがオンラインで完結する
  • 短時間で利用が可能になる
  • 海外渡航時に別端末の用意が不要
  • 海外渡航前にSIMの用意が不要

eSIMでは従来のSIMカードでは得られないメリットが多数あり、基本的には“SIMカードの管理がほとんど不要になる”という点がメインになります。

手続きが簡単ですぐ利用開始できるという点はもちろんですが、海外に渡航する際には別端末を用意する必要がなく、空いているSIMカードスロットを活用することも可能です。また、普段から海外対応のeSIMをお使いならSIMの手配も必要ありません。

何よりeSIMの代表的な活用方法として、従来のSIMカードと組み合わせて2つのSIMを使用する「デュアルSIM」は、節約効果もあり通信障害などの万が一の際にも役立ちます。

利用者の声

私的には、利用開始が早くなるのは魅力的です♪

インターネットサービス専門家

基本的に即日開通なので、使いたくなったらすぐ利用開始ができます☆

デュアルSIMとは?

「デュアルSIM」1台の端末で2つのSIMを利用することを指し、次のような特徴があります。

デュアルSIMとは?
  • 2つのSIMを1台の端末で利用すること
  • 2つの通信事業者を同時に利用できる
  • 用途やプランなどを分けて利用できる
  • 機種によってはeSIMなしでも利用できる
  • 数は少ないがeSIM2つを使える機種もある

基本的にデュアルSIMは「eSIM」「SIMカード」の2つを利用することで成立しますが、中にはSIMカード2枚に対応した端末や、eSIMを2つ搭載した端末も存在します。

例えばApple社の「iPhone 13シリーズ」は、eSIMが2つにSIMカードスロット1つを搭載しているので、「トリプルSIM」として使うことも可能です。

利用者の声

2つのSIMを使うってことは、2社と契約するってことですよね?

インターネットサービス専門家

そういうことになりますね!後半ではデュアルSIMの具体的な活用方法も紹介しているので、気になる方は読み進めてみてください♪

格安SIMのeSIMを使う3つのデメリット

一見便利そうに見えるeSIMにも、次のようなデメリットがあります。

eSIMのデメリット
  • 端末の切り替えがすぐにできない
    (SIMカードの抜き差しができない為)
  • オンラインで申し込む知識が必要
  • eSIM非対応のキャリアは使えない

eSIMは端末の内部に組み込まれているため、従来のSIMカードのように抜き差しができません。例えばスマホが故障した際に、前のスマホにSIMカードを差し替えて使用するといったことができなくなります。

そのため故障や機種変更で端末が変更になる場合には、eSIMを契約している事業者に連絡をして、新しい端末にeSIMの情報を移動させる必要があるんです。

また、eSIMは大手キャリアのような店舗がある事業者でも、オンラインでの申し込みしか行っていないため、利用する場合にはオンライン申し込みができる程度の知識が必要になります。

利用者の声

機械の操作とか苦手なんですけど、私じゃ難しいですかね…?

インターネットサービス専門家

申し込み自体は、画面に表示される内容に沿って進めるだけなので、文字入力ができるのであれば大丈夫ですよ♪

格安SIMのeSIMがおすすめな人

格安SIMのeSIMは、次のような方におすすめです!

格安SIMがおすすめな人
  • デュアルSIMが使いたい人
  • 海外で格安SIMを使いたい人
  • 即日で格安SIMを使いたい人

eSIM単体で利用するのもおすすめですが、基本的には従来のSIMカードと併用するメリットが大きいため、「デュアルSIM」での利用を想定している方におすすめです。

普段デュアルSIMで使用しない場合でも、海外渡航の際に海外用のSIMを装着することができるので、別途Wi-Fiルーターのレンタルも必要ありません。

また、手続きもネット環境がある場所ならどこでも完結できるので、人との接触も不要なのもeSIMならではのメリットと言えます。

利用者の声

確かにSIMカードだと受け取りは対面になっちゃうし、人との接触が一切必要ないのはすごいですね!

インターネットサービス専門家

まさに完全なオンライン手続きと言えますね♪

格安SIMのeSIMがおすすめではない人

次の内容に当てはまる方は、eSIMの利用は避けましょう。

格安SIMがおすすめではない人
  • オンライン手続きに抵抗がある人
  • eSIM非対応の事業者と契約したい人
  • SIMカードを差し替えて端末を使う人

eSIMに対応している事業者は徐々に増えているものの、まだまだ非対応のところが多いのが現状です。さらに、eSIMはオンライン手続きのみのため、対面での手続きを強く希望される方にも適していません。

また、普段からSIMカードを差し替えて利用される方にとっても、eSIMに変更すると使い回しが悪くなってしまう可能性あるため、申し込みを考えている場合は注意してください。

利用者の声

私が使いたい格安SIMは、eSIMに対応してなかったし、諦めるしかなさそう…。

インターネットサービス専門家

どうしてもeSIMを使いたい場合には、希望のプランに近い事業者を探してみるしかありませんね。おすすめの事業者も後ほど紹介しますね♪

格安SIMのeSIMを使ったデュアルSIMの賢い活用方法

格安SIMのeSIMを使ってデュアルSIMを賢く使う方法について、3つのパターンを紹介します!

eSIMの活用方法例
  1. 通話と通信を月額5,000円未満で完全無制限!
  2. エンタメやLINEを月額1,705円で使い放題に!
  3. 2社でどこまで安く使える!?月額最安198円!
インターネットサービス専門家

デュアルSIMを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください♪

【パターン1】月額4,928円で通話通信が完全無制限!

契約キャリア料金イメージポイント
楽天モバイル3,278円データ無制限
povo 2.01,650円基本使用料0円
かけ放題のみ契約
月額料金合計4,928円データ使い放題
音声通話かけ放題
毎月5,000円以下で完全無制限は驚愕!

「楽天モバイル」「povo 2.0」を組み合わせることで、データ無制限に加え電話番号での通話も完全無制限に!

楽天モバイルには通話料が無料になる専用アプリがあるものの、音声品質があまり良くなく不満の声もあります。そこで2つ目のキャリアに電話専用のSIMを契約することで、音声通話の品質も確保!

かけ放題オプションを行っているキャリアは他にもありますが、そちらにも基本使用料がかかってしまうため、基本使用料0円のpovo 2.0がピッタリ!

大手キャリアで音声通話とデータ通信を両方無制限で使用する場合、割引を適用したとしても毎月7,000円以上の費用が必要になるため、大幅な節約が可能です。

利用者の声

それぞれの得意なところだけを使うってことですね♪

インターネットサービス専門家

これだけでも毎月2,000円、年間で24,000円も節約になります☆

【パターン2】月額1,705円でLINEやアプリゲームが無制限使い放題!

契約キャリア料金イメージポイント
LINEMO990円LINEデータ無制限
リンクスメイト715円基本使用料165円
対象アプリ無制限550円
月額料金合計1,705円LINE使い放題
対象のアプリ使い放題
LINEMOなら別に3GBも使える!

「LINEMO」「リンクスメイト」を組み合わせると、アプリゲームやLINEを使い放題にすることが可能!

LINEMOではLINEが使い放題になる「LINEギガフリー」という独自のサービスを行っており、リンクスメイトでは様々なアプリゲームや動画視聴アプリなどが使い放題になる「カウントフリー」を提供しています。

これらを組み合わせても月額1,705円と非常に安く、データ量を気にせずにコンテンツを楽しむことができるので、普段の電話はLINEを使用し、アプリをたくさん楽しみたい方におすすめです!

利用者の声

たった1,705円で、そんなこともできるんですね!

インターネットサービス専門家

デュアルSIMを使うなら組み合わせ方が大切です♪

【パターン3】2社利用で脅威の月額198円!

契約キャリア料金イメージポイント
povo 2.00円基本使用料0円
HISモバイル198円基本使用料198円
月額料金合計198円とにかく安さ重視
最安デュアルSIM!

「povo 2.0」「HISモバイル」をセットで利用すると、業界最安のデュアルSIMを実現することが可能です!

業界唯一の0円プランと業界最安値プランの組み合わせでしか実現できない風変わりなデュアルSIMですが、例えば電話番号が2つ欲しい方であれば、このような形式で費用をかけずに2つの番号を使うこともできます。

利用者の声

なるほど!そんな使い方もありなんですね♪

インターネットサービス専門家

決まった使い方はないので、好きな組み合わせで使ってみてください☆

eSIMに対応してるおすすめ格安SIMを5社厳選!

eSIMに対応している格安SIMの中から、おすすめの5社を厳選しました!

おすすめ格安SIM
  1. LINEMO
  2. IIJmio
  3. 楽天モバイル
  4. povo 2.0
  5. ahamo
インターネットサービス専門家

デュアルSIMで使うのにもおすすめなので、ぜひチェックしてみてください♪

【第1位】 LINEMO | 3GB990円とお手頃!LINE無制限も便利

項目内容
月額料金
(音声SIM)
3GB:990円
20GB:2,728円
かけ放題
(5分間)
550円/月
かけ放題
(無制限)
1,650円/月
使用回線ソフトバンク回線
通信速度
(実測値)
下り:52Mbps
上り:16Mbps
海外利用可能
5G利用料無料
テザリング利用料無料
契約初期費用無料
契約期間の縛りなし
解約時の違約金不要
キャンペーン
(2022年8月時点)
3GB990円が半年間実質0円
1年間5分かけ放題が無料
LINE MUSIC6ヶ月無料
新規契約で3,000Pt付与
乗り換えで10,000Pt付与
適度な使用に最適!

LINEMOはソフトバンクが運営する格安SIMプランで、リーズナブルな価格に安定した回線で非常に使いやすい格安SIMです。他社にはない独自のサービスとして「LINE使い放題」を行っており、かけ放題なしでも通話料を気にする必要がありません!

またキャンペーンのバリエーションも豊富で、ポイント還元だけでなく月額料金の半年間実質無料や、5分間かけ放題1年無料などボリューム満点で満足すること間違いなしです!

おすすめの人・おすすめできない人
おすすめしたい人
  • 日常的にLINEを多用する方
  • 普段はWi-Fiをメインで使用する方
  • 低容量の格安SIMを探している人
おすすめできない人
  • モバイル回線を多用する方
  • 自宅に固定回線を契約していない方
利用者の声

大手キャリアの格安SIMって、安心感がありますね!

インターネットサービス専門家

デュアルSIMのメイン回線としてもおすすめですよ♪

【第2位】IIJmio | 2GB440円から使える!低価格プランが充実

項目内容
月額料金
(eSIM・データSIM)
2GB:440円
4GB:660円
8GB:1,100円
15GB:1,430円
20GB:1,650円
月額料金
(SIM・データSIM)
2GB:748円
4GB:968円
8GB:1,408円
15GB:1,738円
20GB:1,958円
月額料金
(音声SIM)
2GB:858円
4GB:1,078円
8GB:1,518円
15GB:1,848円
20GB:2,068円
かけ放題
(5分間)
500円/月
かけ放題
(10分間)
700円/月
かけ放題
(無制限)
1,870円/月
使用回線ドコモ回線
au回線
通信速度
(実測値)
下り:52Mbps
上り:11Mbps
海外利用可能
5G利用料無料
テザリング利用料無料
契約初期費用3,300円
契約期間の縛りなし
解約時の違約金不要
キャンペーン
(2022年8月時点)
e-GIFT10,000円分プレゼント

IIJmioは国内初のeSIMを導入した格安SIM事業者です。そのため特にeSIMを強く意識しており、データSIM限定で特別料金も設定しているほど!

音声SIMでもリーズナブルですが、データSIMをeSIMで使うならさらに毎月400円以上も節約が可能です!回線もドコモとauから選んで契約できるので、普段の利用場所の電波環境に合わせて使用できます。

おすすめの人・おすすめできない人
おすすめしたい人
  • eSIMでデータSIMを使いたい方
  • ある程度使いつつ費用を抑えたい方
  • デュアルSIMのサブ回線をお探しの方
おすすめできない人
  • モバイル回線を多用する方
  • 自宅に固定回線を契約していない方
利用者の声

まさにeSIMに適した格安SIMって感じですね!

インターネットサービス専門家

デュアルSIMで利用されている方も多く見かけますよ♪

【第3位】楽天モバイル | 月額3,278円で使い放題!音声通話無料アプリが便利

項目内容
月額料金
(音声SIM)
〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
〜無制限:3,278円
かけ放題
(無制限)
無料
※専用アプリ使用時
使用回線楽天回線
通信速度
(実測値)
下り:37Mbps
上り:19Mbps
海外利用可能
5G利用料無料
テザリング利用料無料
契約初期費用無料
契約期間の縛りなし
解約時の違約金不要
キャンペーン
(2022年8月時点)
楽天市場でポイント最大16倍
エンタメコンテンツ3ヶ月無料
初申し込みで最大8,000Pt還元
iPhoneセット購入で24,000Pt還元
1社で通話・通信が使い放題!

楽天モバイルは従量制の1プランのみと、シンプルな契約内容になっています。なによりも格安SIM業界では唯一の「データ無制限」になっているため、データ量を一切気にせずにガンガン使うことも可能です!

さらに独自の音声通話アプリを経由することで、電話番号を使用した音声通話も無料にできるため、実質3,278円で完全無制限を実現しています。

おすすめの人・おすすめできない人
おすすめしたい人
  • 固定回線を契約する予定がない方
  • モバイル回線をガンガン使いたい方
  • かけ放題なしで通話料も気にしたくない方
おすすめできない人
  • 1,000円以下の格安SIMを使いたい方
  • 通信回線に安定感を求める方
利用者の声

楽天モバイルって、通信回線は安定してないんですか?

インターネットサービス専門家

大手キャリアと比較すると安定感には劣ります。ですが随時エリア拡大や設備強化をしているため、今後はさらに安定感が増すでしょう♪

【第4位】povo 2.0 | 業界唯一の基本使用料0円!好きな時に自由に使える

項目内容
月額料金
(音声SIM)
0GB:0円
1GB(7日間):390円/回
3GB(30日間):990円/回
20GB(30日間):2,700円/回
60GB(90日間):6,490円/回
150GB(180日間):12,980円/回
1日24時間無制限:220円/回
かけ放題
(5分間)
550円/月
かけ放題
(無制限)
1,650円/月
使用回線au回線
通信速度
(実測値)
下り:76Mbps
上り:14Mbps
海外利用不可
5G利用料無料
テザリング利用料無料
契約初期費用無料
契約期間の縛りなし
解約時の違約金不要
キャンペーン
(2022年8月時点)
1日使い放題プレゼント
基本使用料0円は業界唯一!

povo 2.0はauが運営をしている格安SIMサービスで、基本使用料は業界唯一の0円です!自分が使いたいタイミングで任意のデータ量を購入し、設定された期間使うことができるので、細かい料金の管理もできます。

LINEMOと同様に大手キャリアの回線をそのまま利用しているため、回線の安定感にも優れており、デュアルSIMではメインとサブの両方で採用できるポテンシャルも強みです!

おすすめの人・おすすめできない人
おすすめしたい人
  • 徹底的に料金を抑えたい方
  • 使う月と使わない月に差がある方
  • かけ放題だけを使いたい方
おすすめできない人
  • 手動課金が手間に感じる方
  • 海外での利用を想定している方
利用者の声

毎回自分で料金を管理できるって、他のSIMにはない魅力ですね!

インターネットサービス専門家

音声利用だけに特化させられる点も、他にはない特徴ですよ♪

【第5位】ahamo | かけ放題が1,100円!安心安定のドコモ回線

項目内容
月額料金
(音声SIM)
20GB:2,980円
100GB:4,950円
かけ放題
(5分間)
無料
かけ放題
(無制限)
1,100円/月
使用回線ドコモ回線
通信速度
(実測値)
下り:109Mbps
上り:15Mbps
海外利用可能
5G利用料無料
テザリング利用料無料
契約初期費用無料
契約期間の縛りなし
解約時の違約金不要
キャンペーン
(2022年8月時点)
ディズニープラス6ヶ月割引
大手キャリアと格安SIMの中間的存在!

ahamoはドコモが運営する格安SIMサービスで、LINEMO・povo 2.0と同様に回線が非常に安定している格安SIMの1つです!

料金プランが中容量〜大容量となっており、モバイル回線を多用する方でも安心して利用ができます。また、基本プランに5分間かけ放題が無料でついているため、ちょっとした通話の利用なら通話料は必要ありません!

無制限かけ放題も他社より500円以上安く、手堅く使いたい方におすすめのeSIM対応格安SIMです!

おすすめの人・おすすめできない人
おすすめしたい人
  • 通話と通信をそこそこ使う方
  • 通信回線の安定感・品質にこだわる方
  • デュアル SIMのメインをお探しの方
おすすめできない人
  • 低価格のSIMを利用したい方
利用者の声

大手キャリアのような、安心感のある料金プランなんですね!

インターネットサービス専門家

1社でガッツリ使いたいという方には特におすすめです♪

格安SIMのeSIMでデュアルSIMをお得に使おう!

eSIMはSIMカードよりも開通までがスムーズで、複数の回線やプランを同時利用することにも適しています。ただし、まだeSIMに対応している事業者が少なく、SIMカードよりも選択肢が少ないのが現状です。

また、eSIMに対応している端末も多くはないので、契約をする前に利用予定の端末がeSIMに対応しているのかを確認してから申し込むようにしましょう!

今回紹介したおすすめ格安SIMの5社は、価格も手頃で満足度も高い事業者ばかりですので、ぜひ参考にしてみてください!

スクロールできます
項目LINEMO楽天モバイルahamoIIJmiopovo 2.0
ブランドロゴ
月額料金
(音声SIM)
3GB:990円
20GB:2,728円
〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
〜無制限:3,278円
20GB:2,980円
100GB:4,950円
2GB:858円
4GB:1,078円
8GB:1,518円
15GB:1,848円
20GB:2,068円
0GB:0円
1GB(7日間):390円/回
3GB(30日間):990円/回
20GB(30日間):2,700円/回
60GB(90日間):6,490円/回
150GB(180日間):12,980円/回
1日24時間無制限:220円/回
かけ放題
(5分間)
550円/月無料
※専用アプリ使用時
無料500円/月550円/月
かけ放題
(10分間)
なし無料
※専用アプリ使用時
なし700円/月なし
かけ放題
(無制限)
1,650円/月無料
※専用アプリ使用時
1,100円/月1,870円/月1,650円/月
使用回線ソフトバンク回線楽天回線ドコモ回線ドコモ回線
au回線
au回線
通信速度
(実測値)
下り:52Mbps
上り:16Mbps
下り:37Mbps
上り:19Mbps
下り:109Mbps
上り:15Mbps
下り:52Mbps
上り:11Mbps
下り:76Mbps
上り:14Mbps
海外利用可能可能可能可能不可
5G利用料無料無料無料無料無料
テザリング利用料無料無料無料無料無料
契約初期費用無料無料無料無料無料
契約期間の縛りなしなしなしなしなし
解約時の違約金不要不要不要不要不要
キャンペーン
(2022年8月時点)
3GB990円が半年間実質0円
1年間5分かけ放題が無料
LINE MUSIC6ヶ月無料
新規契約で3,000Pt付与
乗り換えで10,000Pt付与
楽天市場でポイント最大16倍
エンタメコンテンツ3ヶ月無料
初申し込みで最大8,000Pt還元
iPhoneセット購入で24,000Pt還元
ディズニープラス6ヶ月割引e-GIFT10,000円分プレゼント1日使い放題プレゼント
公式サイトLINEMO公式楽天モバイル公式ahamo公式IIJmio公式povo 2.0公式
インターネットサービス専門家

みなさんも格安SIMのeSIMを使って、今よりお得にスマホを使ってみてくださいね♪

※本記事は執筆時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。※当サイトに掲載している情報は、万全の保証をいたしかねます。サービスの料金やスペック、契約条件、解約条件、キャンペーン等の詳細情報は、申し込む前に事前に必ず各公式サイトでご確認ください。

目次